今どうなってるの?!東大阪
 東大阪市でおきている様々な事柄で、「どうなっているの?!」を独自に取材。
市政情報、地域の情報を皆様に提供している地域密着型情報配信サイトです。
トップページ ホットなニュース 知っ得 市内情報 ふるさと東大阪 鳩まめ瓦版 動画ニュース
元気の素 オススメの店 おそしゃべりコーナー
2011年10月14日掲載 
 
   荒本の市庁舎西側に『JAグリーン大阪』の本店の建物が完成して
  一年が経ちました。
 その敷地内に、その名のとおり、新鮮な農産物を提供する『フレッシュ・クラブ』があります。
 ここは、市内に3つあるフレッシュ・クラブの本店です。今日は、JAグリーン大阪 生活部次長で、フレッシュ・クラブを統括する木積一公
(こづみかずきみさんに話を聞きました。

東大阪産と国内産の新鮮・安心野菜
 このフレッシュ・クラブの一番の売りは生産者の顔が見えることといいます。たしかに、名前のラベルが貼られている野菜が目立ちます。早朝、近くの生産農家の方々が持ち込んできます。新鮮さは保障つきです。

 地元の野菜・果物だけでは品揃えが安定しないので、全農青果センターから安心な「国内産」を仕入れています。木積さんは、経験で、季節によって客さんが求めるものを先取りしているといいます。

地元産品を紹介

 品揃えで気づくのは、地元の良品を扱っていることです。石切神社参道筋にある有名な“ひろうす店”や、東大阪唯一の醸造工場のこだわりの製品が置かれています。農産物にかぎらず、加工産品でも『地産地消』をすすめようとする姿勢を感じます。


イベントに鮮魚の即売! 今月は30日(日)
 この本店では、定期的に鮮魚の『即売会』を行っているといいます。和歌山の港から水揚げされた魚が直送され、本場の水産関係者が目の前で手際よくさばいてくれます。
 過去には、まぐろの解体の実演販売もあったとか。お客さんからは、「いつ魚屋さんくるの?」と、声がかかるといいます。この日は、塩干物や紀州ミカンもくるようです。
 木積さんは、「年末には寒ブリをしたいけど、向うも忙しいからなぁ〜」と、いろいろ案を練っている様子でした。

復興支援コーナーがありました

 店の前のテントには東北地方の物産を販売する特別のコーナーがありました。
 去る9月10日、11日に震災半年を機に「東北地方特産品フェアー」を開き、その収益と寄せられた募金を義援金として送っています。
 反響が大きくて、それ以降もコーナーを継続しているとのことです。

 
 
 木積さんは最後に、11月13日(日)におこなわれるJAグリーン大阪恒例の『農業祭』を紹介してくれました。吉田春日公園を中心におこなわれるようです。 詳しいことは続報したいと思います。
 

<フレッシュ・クラブ情報>

営業時間
午前9時30分〜午後3時まで
定休日  
毎週木曜日
(本店)  
06(6747)1831(イーヤサイ)
(吉田店) 
072(960)1831(イーヤサイ)
(東花園店)
072(965)8318(ヤサイヤ)

<関連記事>

フレッシュ・クラブの挑戦 
東花園店がオープン
リンク>
JAグリーン大阪ホームページ

大きな地図で見る

グリーン・シチュー(写真:JAグリーン大阪ホームページより)
     &アグリゾーンの稲田
   取材を終えて

 店の棚に、シチューが置かれていたが、気にも留めなかった。これが、JAグリーン大阪のオリジナルブランドだと後で気づいた。安心安全でカロリーが低いという。一度試してみよう。取材の際、木積さんにJAグリーン大阪本店の敷地内にある“アグリゾーン”を案内してもらった。近隣の保育園、小学校の子どもたちが植えたサツマイモやワタ、イネが実っていた。機会をいただいてぜひみなさんに紹介してみたい。
         
レポート:楢よしき


                                             

トップページに戻る


ご意見・ご感想はふれあい掲示板まで

Copyright donatteruno All right reserved.