今どうなってるの?!東大阪
 東大阪市でおきている様々な事柄で、「どうなっているの?!」を独自に取材。
市政情報、地域の情報を皆様に提供している地域密着型情報配信サイトです。
トップページ ホットなニュース 知っ得 市政情報 ふるさと東大阪 ほのぼのいい話 動画ニュース
元気の素 オススメの店 おしゃべりコーナー 

ふるさと東大阪2010年5月7日掲載





あなたのおたより、まってま~す 






お母さんとお話し(小太鼓まつり)(上)
真剣勝負の金魚すくい(瓢箪山)(下)
         
 ゴールデンウイークに
          ウオッチング

 
 ゴールデンウイークの空を泳ぐ鯉のぼり。竜門の滝を登る勢いだ。
 ここは、近鉄額田駅から枚岡公園に向う途中にある『グリーンガーデンひらおか』。
 40尾近くの大小、色とりどりの鯉が飾られ、子どもたちの健やかな育ちを祈念している。
 
今回の取材では、子どもの日にちなみ、連休中の“枚岡神社小太鼓まつり”と“瓢箪山商店街ちびっ子まつり”で、子どもたちの表情を追った。
 

 



自分の腕の太さほどもある太鼓のバチをもって(上)
チョーサジャーとかけごえをかける(下)

    ぼくらが主人公

 ▼
5月5日、枚岡神社の境内は、朝から熱気に包まれていた。出雲井鳥居・額田・宝箱・豊浦・喜里川・五条・客坊・河内・四条から小太鼓が勢揃いする。2005年からの小太鼓まつりは、地域の祭りとして、また子どもたちの楽しみとして定着している。
 
まつりに参加する子どもたちは、「自分たちがやらなきゃ」と自覚しているようで、どの子の顔も自信に溢れている。
 幼い子どもも、任された役割をはたそうと健気だ。
 





これがまつりや!よく見とくんやで。(上)
  采配さばきも堂に入ったもの(下)
   



 遊びをせんとや
      生まれけむ

 
こちら、瓢箪山商店街のアーケードには、近隣の小学校で作られた“えと”の飾り物が掲げられ、遊び心がいっぱい!
 
5月1日、商店街で“ちびっ子まつり”が開催され、子どもたちの遊び場がいっぱい!


商店街のおじさんたちと歌います。(上)
中村咲重(さえ)・咲彌(さや)姉妹と岡本暁音(あいね)さん
が 『スマイルひょうたんやま』の歌に振り付けしておどりま
す。歌手のMIKOさんがサポート!(下)



       近隣のダンス教室でレッスンを受けている子どもたちが大集合!
      ちょっぴり緊張の瞬間ですが、あとで、楽しい屋台が待っています。(上・下)
 『千本引き』『当て物』『金魚すくい』などなど、夢中になって遊ぶ姿や、『いかやき』や『たこやき』をほおばる姿があちこちに。
 
こんな子どもたちの姿を見るにつけ、最近少なくなった遊び場と遊ぶ時間をもっと増やしてあげたいと感じる。




店番は、商大経営学部生の青井洸樹(こうき)さん。子どもが遊ぶようすに満面の笑みが。(上)
アーケードに掲げられた ひょうたんトラが見える。子どもたちは“おみこし”でかついだ。(下)
  寝る子は育つ

遊びつかれて、ウトウトし始めた幼子がいた。お母さんに体と心を預け、安心して眠りはじめた。静かで幸せな気分になる光景だ。
 
このゴールデンウイークで、よく働く子どもたち、よく遊ぶ子どもたち、そして気持ちよく寝る子どもたちに出会うことができた。

みなさんは、『子どもの日』に、どんな子どもたちに出会いましたか?

                    レポート:楢よしき

 ご意見・ご感想をお願いします。 下をクリック!

トップページに戻る




Copyright donatteruno All right reserved.