今どうなってるの?!東大阪
 東大阪市でおきている様々な事柄で、「どうなっているの?!」を独自に取材。
市政情報、地域の情報を皆様に提供している地域密着型情報配信サイトです。
トップページ ホットなニュース 知っ得 市内情報 ふるさと東大阪 鳩まめ瓦版 動画ニュース
元気の素 オススメの店 おしゃべりコーナー 

ふるさと東大阪2010年10月12日掲載




  
 鴻池新田会所を中心に、今年も、駅前商店街一帯でジャズストリートが催された。ミュージシャンに落語家も加わり、町はジャズの音楽と落語の笑い声が響く。 活気溢れる鴻池の一日をカメラで追った。 
                                        ※一部画像は、触れると変化します。                                                                                                     
 町のあちこちで               
        “JAZZ JAZZ JAZZ!”
  

 トリオからビッグバンドまで、さまざまなグループが町のあちこちで演奏と歌声を届ける。JR鴻池新田駅前一帯が華麗なステージになった。
フレッシュタウン カフェ チェルシー&ストリート
喫茶 グリーン&ストリート サティー会場
二番街商店街 中鴻池リージョンセンター

歌 姫 た ち の 競 演 ! 



































  美しい歌声が町のあちこち
 から聞こえてくる。

   やさしくうっとりさせる声や激
 しく心をゆさぶる声

   
  街角は、その瞬間、異次元
 に入ったよう。
  聴衆のみんなは、その世界
 に浸って楽しんでいる様子。


 ※左のボタンでスライドショウが見られます。
   広大な土間に、ジャズの音と笑い声が響く 

 鴻池新田会所の会場では、昨年に引き続き、落語家も加わった。前座を務める桂咲之輔と、トリの林家花丸のご両人。巧みな話術に会場は大いに沸いた。中でも出色は、『落語JAZZコラボ』。演目の“七度狐”を落語の噺とJAZZ楽器の擬音で聴かせようとするもの。
 演じたのは林家花丸と唐口一之カルテット。初めての体験に聴衆も興味津々。
掛け合いのおもしろさに引き込まれていた。
  
 鴻池新田会所の内外で繰り広げられたジャズストリート。豪華プロメンバーに地元ミュージシャンを加え、一大競演の一日となった。
“まち歩き”一行も驚く!

 この日、鴻池新田会所周辺の“まち歩き”が行われていた。観光協会が次々に催している『まち歩きシリーズ』の一つ。水路の町・鴻池、歴史の町・鴻池、ジャズストリートで賑わう鴻池、のすべてを味わってもらおうという企画。
 
 参加者は、大規模なジャズストリートを目の当たりにして驚いた様子。鴻池のイメージを新たにしたようだ。


片岡正信 実行委員長


 司会の上田礼(あや)さん


松井 久 副実行委員長
 
 成功の鍵を握ったのが、企画を進めた実行委員会と賛同する団体、個人などの市民の力だ。「市民に音楽や芸能を楽しんでもらいたい」「鴻池新田会所一帯のすばらしさを発信したい」「町づくり・町おこしを」「学生の活躍の場に」といったさまざまな願いが結集したもの。
 事務局長の細川光司さんは、「行政や観光協会などの後押しや、新聞やテレビなどの報道が励みとなる」「来年は5周年となるので、みんなでおもしろい企画に挑戦したい」と語ってくれた。年々進化するジャズストリートが、来年はどんな展開を見せるのか
今から楽しみである。
                                        レポート:楢よしき
 ご意見・ご感想をお願いします。 下をクリック ↓

トップページに戻る




Copyright donatteruno All right reserved.