今どうなってるの?!東大阪
 東大阪市でおきている様々な事柄で、「どうなっているの?!」を独自に取材。
市政情報、地域の情報を皆様に提供している地域密着型情報配信サイトです。
トップページ ホットなニュース 知っ得 市政情報 ふるさと東大阪 ほのぼのいい話 動画ニュース
元気の素 オススメの店 ふれあい掲示板
ふるさと東大阪2011年5月21日掲載







 子どもたちにとって、水が恋しくなる季節がやってきました。生駒西麓を活動の舞台とする『枚岡ネイチャークラブ』は、「小川の生きものを知る機会を」と、観察会を開きました。ところは、枚岡公園を流れる豊浦川の沢で、椋ヶ根橋(くらがねばし)の下です。『グリーンガーデンひらおか』と共催しました。

    夢中の子どもたち & 沢のようす
 手を川の水につけた瞬間、「冷たい」と表現した子どもたちでしたが、すぐさま、ざるを使い、夢中ですくいはじめました。一番最初に見つかったのは“よこえび”です。名前のように、バットでは横になって泳いでいました。
<動画その1>
 採集のようす


 総勢30名を超える参加者。『グリーンガーデンひらおか』を出発します。途中、公園で生きもの探しをしながら、椋ヶ根橋へ向います。

 子どもたちは、目の色を輝かせて川の中へ!
 主催した『枚岡ネイチャークラブ』代表の飛田太一郎さん(手前)と、本日の企画担当の太田理(おさむ)さん(奥)。クラブは、大阪自然環境保全協会傘下。1994年以来、人々に自然に親しむきっかけを提供するため活動しています。
四条畷郷土史家の顔もある太田さんと、代表の飛田さん

    顕微鏡で観察 & 記録する子どもたち
基本的に月一回のフィールドワークをおこなっています。

 H23年度の年間計画←クリック
<動画その2>
みんなで観察!



 顕微鏡で観察したり、お話を聞いたりして、みんなで見つけた生きものの名前をたしかめていきます。

         岡田さん & 子どもに教える岡田さん
 今日の講師を務めたのは、岡田剣(けん)さん。高槻市在住のメーカー勤務。
少年の頃からの“生き物好き”で、独学で研究をすすめています。
<動画その3>
記録しよう!


見つけた生きものを記録します。そこから、川の水質も判定できます。
 今日の観察会はどうでしたか?

 最後に、生きものたちは、川にかえってもらいます。

枚岡ネイチャークラブのみなさん、お疲れさまでした。

枚岡ネイチャークラブのホームページ←クリック


会員 & 活動する子どもたち

挨拶する『クリーンガーデンひらおか』の近藤館長
   取材を終えて

 大人も子どもも、小川の生きものを夢中になって探し、講師や会員の話を興味深く聞いていた。水中の小生物の種類を調べることで、川の汚染程度が判定できるということを学ばせてもらった。みんなで調べた結果、豊浦川の椋ヶ根橋あたりの水は、『きれい』との判定がでた。みんなは、その結果に、満足気なようすだった。自然を知り、大切にする企画をこれからも大いにすすめていただきたい。
         
レポート:楢よしき
トップページに戻る

ご意見・ご感想はふれあい掲示板まで


Copyright donatteruno All right reserved.