今どうなってるの?!東大阪
 東大阪市でおきている様々な事柄で、「どうなっているの?!」を独自に取材。
市政情報、地域の情報を皆様に提供している地域密着型情報配信サイトです。
トップページ ホットなニュース 知っ得 市内情報 ふるさと東大阪 鳩まめ瓦版 動画ニュース
元気の素 オススメの店 おしゃべりコーナー 

ふるさと東大阪2012年2月14日掲載





 
 
東大阪は中小企業のまちですが、一方で、“ラグビーのまち”とも言われています。「それは知ってるけど、ラグビーに馴染みがない」という一般の人の声が多いのも事実です。この“特集コーナー”では、頑張っている中学生や、支える人々を知ってもらい、少しでも身近に感じてもらえれば幸いです。馴染みがないという理由に、「ルールを知らないので楽しめない」というのがあります。このコーナーの最後に、ルール解説のサイトをご紹介していますので、のぞいてみてください。
 決勝と表彰式の模様は、
動画ニュースのコーナーへ!



       猛然と前進!果敢にタックル!    ※ポインタで画面が変わります           

東大阪 中学生頂点めざし
 2月11日(土)、花園中央公園多目的球技広場(トライスタジアム)で、第21回中学生ラグビーフットボール決勝戦がありました。
 対戦は、
英田(あかだ)中学校VS玉川中学校

 結果は、52対5の大差で英田中学が優勝しました。

     動画ニュース←←クリック


          試合環境は抜群です。

   英田中学 主将 西久保空良君
 
 主将の
西久保空良(そら)(2年)に話を聞きました。
 「点差はひらいたが、玉川中のフォワードは徹底していて、試合内容は楽なものではなかった」と、相手を讃えます。
 「チームの目標は、近畿大会での優勝。そのためには、ライバルの石切中には負けられない」と、闘魂を隠しません。個人的には「日本代表!」と、きっぱり語ってくれました。

優勝の英田中学校チーム     ※クリックで拡大

   準優勝の玉川中学校チーム

   3位の 東大阪ノーサイドジュニアチーム
大会の結果 ←クリック 

   人間的に成長を!

 優勝した英田中学校の監督で、保健体育担当の山地英之先生に伺いました。今日の試合について監督は、「チームの良さを発揮しきれていない」と、課題を語りますが、「攻守のバランスがとれたいいチーム」と評価します。
 指導者としての喜びを問うと、「他の先生方から、『OO君頑張ってますよ』と、声がかかること」
と、いいます。

   英田中学校  山地英之監督
 「不安定な思春期だけれど、勉強もしっかりし、人としての成長の土台を固めてほしい」と、生徒たちに期待を寄せます。中学校では、幼中連携で、幼稚園児に“たのしいラグビー体験”をプレゼントしているようです。


競技場での出会い

玉川中2年 前川琴音さん&選手交代
      紅一点

 かわいい女子中学生ですが、マネージャーではありません。れっきとしたラグビーフットボール選手です。
 名前は
前川琴音(ことねさん玉川中学の2年生で、決勝戦で途中出場しました。東大阪ラグビースクールに通い、学校の授業では、保体の時間が好きという活発な中学生です。将来は“花園女子セブンズ”で活躍したいと、抱負を語ってくれました。


  あっと、サプライズ!

 今日の決勝・準決勝の審判を務めたのが原田隆司さんです。日本協会公認A級レフリーで、トップリーグの審判をされている方です。今日の審判をしてもらった中学生たちにとっては、とてもビッグなプレゼントでした。

  スーパーレフリーの原田隆司さん

  大会のボランティア 木村久美子さん
   
 私もやってました! 
 
 本部テントで、ボランティアの女性と話ができました。
 吉田在住の
木村久美子さんです。
 30歳を過ぎてからラグビーを始めたという、びっくり話が飛び出しました。ラグビーをやり始めた娘や息子と、もっと共感を広げるには、「私もやるしかない!」というのが始めた動機とか。
“京都ウィメンズ”のスクラム最前線で戦いました。
 近鉄ライナーズの選手と居酒屋で意気投合し、スクラムの組み方の手ほどきを受けたこともあるといいます。娘さんは関西代表にまでなり、息子の中学3年の海音(かいと)は、全国大会の常連校である日本航空高等学校石川に進学が決まったそうです。思いがけず、ラグビー家族の方と話が弾みました。


大会関係者に伺いました



 大会実行委員長の伊賀大輔さん
(東大阪ノーサイドクラブ・ヘッドコーチ)
ハイレベルの大会運営を

 今シーズンの中学生大会実行委員長をされている伊賀大輔さんに伺いました。大会運営で心がけておられることをたずねると、「頑張っている中学生をさらに守り立てられる質の高い大会運営が目標です」と語っていただきました。ドクターの待機など、しっかりした体制で臨んで
いる様子が伺われました。


子どもたちの成長が楽しみ

 
長年、子どもたちを見守ってこられた東大阪市ラグビーフットボール協会副会長 寺内正年さんに伺いました。
 今年の大会について感想をたずねると、「今年はインフルエンザの流行で、出たくても出られなかった生徒のことを思うと可哀想です」という返事がかえって来ました。
  

東大阪市ラグビーフットボール協会副会長
        寺内正年さん
 寺内さんは、ラグビー関係者だけでなく、市内のラグビー少年・少女ともよく接しています。全国高校ラグビー大会の時に開催される写真展に、撮りためた写真を提供し、東大阪市の子どもたちの活躍ぶりを内外に発信しています。「ラグビーに親しむ人がもっともっと増えてほしい」と、希望を語っていただきました。
 
 
大会の成功は、中学生の頑張りはもちろんですが、それを支える指導者や大会関係者の尽力があってのことと痛感しました。  
                               
ルポ:楢よしき

            
決勝戦・表彰式の模様は 動画ニュース←クリック

       ルールを知りたい方はどうぞ!※中学生ルールは若干違っています。
 このルール解説は、公式なものではありません。
ラグビー愛好家JUNさんが運営されているサイトです。
とても解りやすいのでご紹介します。 編集部
   ホーム  

 ご意見・ご感想をお願いします。 一番下をクリック ↓

トップページに戻る




Copyright donatteruno All right reserved.