今どうなってるの?!東大阪
 東大阪市でおきている様々な事柄で、「どうなっているの?!」を独自に取材。
市政情報、地域の情報を皆様に提供している地域密着型情報配信サイトです。
トップページ ホットなニュース 知っ得 市内情報 ふるさと東大阪 鳩まめ瓦版 動画ニュース
 動物 ペット 鳩まめ川柳 東大阪子ども 元気の素 オススメの店 薬膳四方山 
鳩まめ自己紹介 屋敷林だより イベント情報 かんたんレシピ おしゃべりコーナー

ふるさと東大阪2012年8月22日掲載






 学校の夏休みも残りわずかな8月19日(日)四条リージョンセンターのやまなみプラザでは、企画運営委員会主催の夏祭りこどもフェスタが開催されました。この取り組みは、企画運営委員さんを中心に、近隣の高校・大学の学生と地域で活動する文化団体の応援を得て取り組まれたものです。子どもの笑顔がなにより大好きな大人たちに見守られ、館内は子どもたちの歓声が響いていました。
 

 
やまなみプラザ企画運営委員会委員長 中村 功 さん


手作りおもちゃコーナー (かざ車の会代表:小林弘さん)


     リリアンとビーズのコーナー(企画運営委員)

  えほんの部屋コーナー
 (
東大阪子どもと本・おはなしネットワーク代表:野口一枝さん)
    
     
手指を使う遊びがいっぱい

 子どもたちは、手と指を使って遊びます。昔懐かしいリリアンとビーズのコーナーや、ソフト粘土細工コーナーなど、一心不乱にものづくりする姿が見られました。手作りおもちゃのコーナーでは、「こうすれば回るのか!」と、かざ車に新鮮なおどろきを感じているようでした。



ソフト粘土細工コーナー  (生野ソフト粘土教室  代表:生野真紀さん 企画運営委員



 企画を担当した 谷川史枝さん(企画運営委員)
 雰囲気を盛り上げながら、各コーナーを回るのは企画担当の谷川さんです。「昨年から夏祭りこどもフェスタを初めました。盛況で、今年は一階フロアーにも遊びのコーナーを増やしました」「リージョンでは以前より、『伸ばそう青少年の若い芽』を合言葉に取り組んできましたが、肩ひじ張らず、楽しめる雰囲気のなかで子どもたちを見守っていきたいと考えています」「日新高校の生徒さんに手伝っていただいてますが、今年は、大阪経済法科大学の方々に、お化け屋敷を担当していただきます。若い力は心強いです」と、話していただきました。


   声かけで伸びる

 子どもは、自分が見守られている安心感があると、何事にもどんどん挑戦するようです。コーナー担当者に励まされたり、なぐさめられたりしながら、各コーナーをめぐります。スタンプラリーの最後も、「がんばったね」と、ほめてもらいます。


 ダーツ&景品コーナー (日新高校生・企画運営委員)

    スタンプラリーのゴール  (企画運営委員)

      わなげコーナー(日新高校生)


いすとりゲームのコーナー    (日新高校生・企画運営委員)


  ゲームにはかけひきも

 いすとりゲームは、相手のあるゲームです。イスの位置とみんなの動きを見ながら、耳も働かさないといけません。子どもたちは真剣な顔で勝負していました。担当の越智さんは、昨年に引き続きお手伝いしています。楽しい進行ぶりで雰囲気を盛り上げます。今年は、6人の日新高校生が活躍していました。

     日新高校3年生 越智健太さん



    ヨーヨー・コマコーナー
     (日新高校川本信広先生・企画運営委員)
  そうそう、その調子!

 子どもは、大人が見本を見せて教えると、どんどん上手くなるようです。ヨーヨーの手元をくいいるように見ていた子どもたち。自分で何度か挑戦するうちにヨーヨーができるようになりました。きんぎょすくいの女の子は、お父さんにほめられ、得意満面の顔をしていました。


        きんぎょすくいコーナー(企画運営委員)


バルーンプレゼント(マジッククラブドリーム代表:沢地守さん)



入口でびびりまくる子どもたち



   大阪経済法科大二回生 辻亮太さん
一人じゃ無理だけど・・・
 
 子どもたちは、二人で手を取り合い、身を寄せ合ってお化け屋敷に入っていきます。担当するのは、大阪経済法科大学の学生たち。責任者の辻さんら10名ほどが、前日から準備しました。「あんまり怖がらせてもいけないし・・・
」と、悩んだ様子。「この経験を来年に生かしたい」と、話してくれました。

 お化け屋敷を担当することになったわけを、教授の深瀬さんに聞きました。
 「東大阪市の地域研究活動助成事業で、『リージョンセンターの活性化に、大学がどんな貢献ができるかをテーマにしています」「今年度、大学に一番近い四条リージョンの企画運営委員会に特別参加し、一緒に活動させてもらっています」「学生たちには貴重な経験になると実感しています」と、話していただきました。


 大阪経済法科大学 経済学部教授 深瀬 澄さん

        子どもたちは入口で尻ごみ

 企画運営委員会を中心に、地域の文化団体、高校・大学の学生たちが力を合わせ、子どもたちに、夏休みの楽しい思い出をプレゼントしました。

                                          ルポ:村上・楢 

<動画ニュース> やまなみ 夏祭りこどもフェスタ

 ご意見・ご感想をお願いします。 一番下をクリック ↓

トップページに戻る



Copyright donatteruno All right reserved.