今どうなってるの?!東大阪
 東大阪市でおきている様々な事柄で、「どうなっているの?!」を独自に取材。
市政情報、地域の情報を皆様に提供している地域密着型情報配信サイトです。
トップページ ホットなニュース 知っ得 市内情報 ふるさと東大阪 鳩まめ瓦版 動画ニュース
元気の素 オススメの店 おしゃべりコーナー 

ふるさと東大阪2012年9月19日掲載









ヒマワリ(小型種)、コスモス、黄花コスモス、千日紅(ストロベリー・フィールド、バーベナ(アレチノハナガサ)


             花と生駒山

       鶏頭(ケイトウ)  & カンナ
 9月中旬に、東花園駅を降りて恩智川(おんちがわ)治水緑地をめざしました。
 恩智川の東岸沿いに南下すると、生駒山の雄大な景色が望めます。「こんな景色があったのか!」と思わせるような“池島のビューポイント”をご紹介します。
 
 夏から秋にかけて咲く花がたくさん観られます。生駒山をバックにパチリ!花の種類によって生駒山の雰囲気が変わります。おもしろいですね。
 


羽が透明なオオスカシバ(スズメガ科)飛来 &  無事着陸(花)

 虫との出会い
 花の種類が多いからでしょうか、道すがら、いろいろな虫を発見できました。虫を狙って撮るのにいい場所です。蝶や蛾の仲間のオオスカシバ(大透かし羽)が、「撮って」といわんばかりに花に着陸し、ストローで蜜を吸うところまで見せてくれました。
 一方では、忍者のように身を潜めているバッタもいました。体よりも長い足でぴょんと跳んで逃げる算段でしょう。アカタテハ、セセリ蝶、ハナムグリなども見かけました。
 

        バッタの一種 & アカタテハ


穂を垂れる稲  &   池島の田園風景

             実りの時

    黄熟のゴーヤ  &  なつめの実
 一面の田んぼには、刈り取り間近の稲の穂が垂れています。ときおり、風が吹いて稲穂が揺れます。のどかな田園風景に心がなごみます。
 
 畑では、黄色く熟した
ゴーヤの実がポツンと一つありました。来年の種まき用に残されているのでしょうか。秋が近づいていることを知らせているようです。
 
 昔、子どものころに食べた
なつめが懐かしく思われました。
 

くつろぐカモ  & 空を舞うコサギ
 
  鳥の楽園
 恩智川治水緑地は、府によって洪水対策用に作られましたが、自然保護の観点も考慮されています。生駒の森、川、草原、水田も含めた湿地が一体となった環境をつくっています。広大な敷地には鳥たちがくつろいだり生活したりしており、四季の鳥を観ることのできるビュースポットです。

 今日も、カモ、コサギ、アオサギが姿を見せてくれました。

 こんな人家の近くで観察できるなんて、とても貴重な場所です。
 

           アオサギ2態

池島弥生橋 & 橋の上から治水池

             レトロ調の橋


      弥生橋 & 緑地から見た端
 「ここはどこの国?」と、一瞬思ってしまうインパクトのある池島弥生橋。ここが、今日のゴール地点です。近くの府立みどり清朋高校(旧池島高)の生徒たちがダンボールを積んで橋を渡ります。どうやら、秋の学園祭の準備のようです。 恩智川沿いをひたすら南下して八尾市との境界までやって来ました。散歩、ウオーキング、ランニング、ハイキングに最適で、自然のウオッチングの宝庫です。

 快適な秋のシーズンにおすすめします。
          
                                                ルポ:楢よしき
 ご意見・ご感想をお願いします。 一番下をクリック ↓

トップページに戻る



Copyright donatteruno All right reserved.