今どうなってるの?!東大阪
 東大阪市でおきている様々な事柄で、「どうなっているの?!」を独自に取材。
市政情報、地域の情報を皆様に提供している地域密着型情報配信サイトです。
トップページ ホットなニュース 知っ得 市内情報 ふるさと東大阪 鳩まめ瓦版 動画ニュース
元気の素 オススメの店 おしゃべりコーナー 
ふるさと東大阪2013年1月21日掲載
1月30日寄稿文追加




書架スペース & エントランス(イメージ画 市提供)
懸案の永和図書館の老朽化

 永和駅前にあった東大阪市立永和図書館。老朽化が激しく、地震がきたら大変でした。おまけに「狭くて暗い」と、利用者の改善を望む声が強く、市民からの要望書も出されていました。
 暫定施設として再オープン

 この度、懸案を解決するための予算がつき、東大阪再開発株式会社の協力も得て、移転が実現しました。布施駅前の「ヴェル・ノール布施」の3階スペースに、暫定的な施設として図書館が再オープンすることになったのです。
 
 昨年末の12月22日(土)は、再オープンの日というので、取材に出向きました。
 

 お知らせポスター& ヴェル・ノール布施

     視察風景 & 利用者

にぎやかなオープン当日

 オープン直後、野田市長や関係部局が視察に訪れ、幸田正広館長が案内する光景が見られました。

 市民の関心も高く、多くの人がオープンを待って入館。その後も続々と市民がやってきます。

 幼い子どもを連れた母親や、一人でやってきた小学生が、さっそく利用カードの手続きをする姿が見られました。

明るく開放的な空間
     
     明るい雰囲気

 
  入館して明るく開放的な空間にびっ
 くり。幸田館長にうかがいました。
 
 ・
照明はLEDを使い、環境に配慮して
  います。
 ・広々としているのは、フロアへの加
  重の関係で、本棚の高さを抑えたた
  め。結果として開放的な雰囲気にな
  りました。
 ・元の施設から移動した本は、書架に
  4万冊、書庫に2万冊が収められて
  います。その他、収容しきれないもの
  は花園図書館や大蓮分室などにも分
  散して収容されます。
 ・特に力を入れたのは、幼児が本を楽
  しむスペースの充実です。
 と、説明していただきました。
 
   
  子どもたちのために
 
 すでに幼児のコーナーでは何組かの親子が本を楽しんでいます。奥には靴を脱いで上がるスペースもあります。赤ちゃんへの読み聞かせに利用できるところです。
  
         こんなところも便利に
 
 ちょうど、社会教育部の川崎睦子さんとお話ができ、便利になった面を教えてもらいました。
 通路が広く、車椅子の人でも利用で
  きるようになりました。
 トイレは商業施設と共用ですが、今
  回、車椅子の人と人工肛門の手術を
  受けた人のために改装されました。
 また、赤ちゃん連れのお母さんのた
  め、授乳とオシメかえの出来る赤ち
  ゃん休憩室が共用で利用できます。
 暫定施設ですが、大いに利用したいものです。

                         
寄稿・再オープンに寄せて←クリック


図書館の利用について
開館:火曜日~金曜日  午前9時~午後9時
   
 土・日曜日・祝日   午前9時~午後5時

休館:・月曜日(月曜日が祝日のときは翌日)
    ・毎月の最終日
    ・年末年始
    ・図書整理期間

利用資格:東大阪市、大阪市、大阪狭山市、柏原市、河内長野市
    大東市、富田林市、松原市、羽曳野市、藤井寺市、八尾市
    に居住する方。東大阪市に在勤・在学する方。

利用方法:利用カードを申請(住所・氏名が確認できるもの要)
       一人8点まで2週間、借りることが出来ます。
       返却は、市内のどの図書館でも可能です。

問合わせ:06(6781)5500  FAX06(6784)5630

参考 東大阪市立図書館 ホームページ ← クリック
     

<動画>永和図書館 暫定施設で再オープン


ルポ:はなの のののはな・駒・楢
                                               ↑上に戻る
 ご意見・ご感想をお願いします。 一番下をクリック ↓

トップページに戻る



Copyright donatteruno All right reserved.