今どうなってるの?!東大阪
 東大阪市でおきている様々な事柄で、「どうなっているの?!」を独自に取材。
市政情報、地域の情報を皆様に提供している地域密着型情報配信サイトです。
トップページ ホットなニュース 知っ得 市内情報 ふるさと東大阪 鳩まめ瓦版 動画ニュース
元気の素 オススメの店 おしゃべりコーナー 

ふるさと東大阪2013年11月4日掲載





 「今年も鴻池ジャズがやってきました」という挨拶で始まった東大阪鴻池ジャズストリート


        鴻池新田会所   & 純和風の会場
 今回で第7回目を迎えました。雨の心配を吹き飛ばし、各所でジャズの音を響かせます。鴻池ジャズの特徴は、重要文化財の鴻池新田会所をメイン会場としておこなわれること。純日本風の屋敷にジャズの音楽が溶け込む様子は何度見ても新鮮です。

 鴻池ジャズのいまひとつの特徴は、落語寄席とのコラボ。屋敷内の米蔵会場では、恒例となった落語寄席がおこなわれました。客さんたちは、ジャズと落語の両方を楽しんでいました。
        米蔵会場   &   落語寄席

<動画>第7回鴻池ジャズストリート  鴻池新田会所


こんにちは!みなさんの声
9ヵ所の会場をまわって、参加している人々の感想を聞きました。

 ビッグバンドの迫力にびっくり! イオン会場
 鴻池ジャズは3回目という門真から来たN.Hさん。鴻池ジャズのイベントは、出演アーティストを大切にしているので好感がもてるとのこと。かなりあちこちの音楽イベントに参加している様子でした。 (二番街商店街にて)
 知り合いのバンドを聴きにきたという寝屋川の「かぜ」さん。鴻池ジャスは初めてです。
 思っていたより聴衆が少ないので、もったいないと感じるとのこと。最近、各地で同じようなイベントがあり、お客さんが分散してるかもと語ってくれました
。(イオンにて)
       I・佐野
 この近くからやって来たという長谷川さん(20歳代女性)。今回、たまたま時間がとれたので、フラッと寄ってみたそうです。ラテンナンバーやダンス曲が好きだとのこと。熱心に聴かれてる姿が印象的でした。(喜久幸堂にて

 桜サポート施設長の林さん。鴻池で施設をたち上げ6年。前から鴻池ジャズに関心があった。今回、この施設でJAZZ演奏が実現できうれしいです。(桜サポートにて)    F・鳩村
 大阪芸大のトリオのリーダーでピアノを弾く角渉(すみ・わたる)さんに聞きました。1週間ほど前の新潟ジャズコンテストで優勝しているそうです。自作の曲も2曲披露し、リクエストにも即興で応じるなど頼もしい若者です。次に、ドラムスの篠原さんに聞いてみました。「演奏活動が忙しくて、勉強の時間が無いのでは?」 すると、「ぼくたちは芸大でも、演奏学科ですから、これも勉強のうちです」 なるほど・・・。                  
                     
R・駒

<動画> 第7回鴻池ジャズストリート 街角編


 若い女性スタッフ     寝屋川流域下水道の展示
 スタッフとして案内所に詰めていた三人の娘さんたちに聞きました。山﨑さん姉妹は、スタッフとして活躍しているお母さんから頼まれたとのこと。大学3回生の姉さんが、学友の増田さんを誘って三人で仕事をしています。三人とも音楽が大好きなようです。同じ場所で、寝屋川流域下水道の事業をアピールする展示もされていました。
 このような大きなイベントでは、多くのスタッフの支えが頼りです。スタッフのみなさまお疲れさま!         
楢よしき
                  
                  レポート:
R・駒 F・鳩村、 I・佐野、 楢よしき

                    写真:竹田光雄




※当記事中のすべての画像の無断転載、及び無断の二次使用はご遠慮ください。
 ご意見・ご感想をお願いします。 一番下をクリック ↓

トップページに戻る




Copyright donatteruno All right reserved.