今どうなってるの?!東大阪
 東大阪市でおきている様々な事柄で、「どうなっているの?!」を独自に取材。
市政情報、地域の情報を皆様に提供している地域密着型情報配信サイトです。
トップページ ホットなニュース 知っ得 市内情報 ふるさと東大阪 鳩まめ瓦版 動画ニュース
元気の素 オススメの店 おしゃべりコーナー 
ふるさと東大阪2013年12月28日掲載





 大和川付け替えに多大な功績のあった中甚兵衛と川中家。そのゆかりの家が今米にあります。広い屋敷林を有する川中邸がそれ。ここでは定期的に美杜里乃屋・愉会みどりのや・ゆかい)を開き、憩いの場を提供しています。師走の第六回・愉会をのぞきました。年内最終の特集をごらん下さい。
 ※ポインタを当てると2枚目の画像が見られます。

アルパの音色が邸内に響く

 師走の初旬に開かれた愉会。今回のゲストは、アルパ奏者丸田恵都子さん。パラグアイで進化した民族楽器は、パラグアイハープとも呼ばれています。日本の琴の音域に似ていて、童謡や叙情歌にもよく合います。
 会場のみんなで
懐かしい歌を合唱しました。

    <動画> 第六回 美杜里乃屋・愉会 アルパ


ホカホカの焼き芋に舌鼓

 音楽を堪能した後は、戸外で焼き芋パーティーです。スタッフが香ばしく焼き上げてくれました。いろんな分野の人が焼き芋を頬張りながら話に花が咲きます。貴重な交流の場となっています。
 川中邸の当主川中熈子(ひろこ)さんもお客さんたちと談笑。毎回訪れる人も増えているようです。この日はお天気が心配でしたが、幸いに暖かい一日となりました。人々の笑みがいっぱいの会場風景です。

子どもたちは遊びに夢中



 屋敷林にはどんぐりがたくさん落ちています。冬の奈良公園の鹿にプレゼントするため、子どもたちはどんぐり拾をしました。けんめいに拾って、ダンボール二箱分が集まりました。そのあと、木の実工作でマスコット作りに取り組みます。みんなとても真剣な顔つきでした。


   <動画>第六回 美杜里乃屋・愉会 遊び
 川中邸での催しの一つ美杜里乃屋・愉会は屋敷林の自然を生かしたユニークな企画です。この取り組みは、多くのスタッフの協力が不可欠です。中甚兵衛ゆかりの屋敷と貴重な緑を守ろうという市民の思いがこれを支えているようです。

   取材を終えて

 会場で、マイクとビデオカメラをもった女子大生と出会った。阿部さん、杉村さん、朱さんの三人連れで、近畿大学総合社会学部の4回生という。彼女たちは、川中邸を中心に、どのようなコミュニティーが成立しているかを卒論のテーマにしているという。若い人たちが、大和川付替えの歴史や、緑の保全に関心をもっていることに心強さを感じた。
 この記事が年内最終。みなさま、よいお年を!

     ルポ:Y・川口 & 楢よしき

          取材に訪れた近畿大学生
 ご意見・ご感想をお願いします。 下をクリック ↓

トップページに戻る




Copyright donatteruno All right reserved.