3

今どうなってるの?!東大阪
 東大阪市でおきている様々な事柄で、「どうなっているの?!」を独自に取材。
市政情報、地域の情報を皆様に提供している地域密着型情報配信サイトです。
トップページ ホットなニュース 知っ得 市内情報 ふるさと東大阪 鳩まめ瓦版 動画ニュース
元気の素 オススメの店 おしゃべりコーナー 

ふるさと東大阪2014年1月21日掲載






  東大阪を中心に活躍するアマチュアビッグバンド ニューファイブラインズ は、
市民から愛されるバンドです。東大阪市民会館でのコンサートは、毎回満杯にする
人気を誇っています。昨年末、私たちが普段目にすることのできない練習風景を取
材しました。

                     動画 練習風景 ←クリック
                     動画 演奏風景(鴻池ジャス・小阪ジャス) ←クリック

 
ニューファイブラインズ 人気の秘密

 ここは、永和駅北の東大阪市立青少年女性センター3階。
 ニューファイブラインズ
(以降、バンド)が練習する会場です。メンバーたちは、毎週欠かさず集まります。今日も、暗くなってから、バンドのメンバーたちが次々に集まってきました。
 個人練習からはじまり、音あわせ、演奏へと進みます。真剣な練習ぶりに身が引き締まります。ときおり出る冗談で、ほっと一息。厳しい中にも、和気あいあいとした雰囲気が流れます。
1
 バンドの人気の元になっているのは、何と言っても、そのレパートリーの多さや、技術レベルの高さ。現場を見せてもらって、人気の源泉は、普段の練習の積み重ねであることを実感しました。

← 練習風景の動画


45周年・50周年めざし発展を

 昨年、結成40周年コンサートを成功させたばかりのバンドメンバー。その推進役の3人の方々に話を聞きました。
 
 結成は、1972年(S47)。東大阪市立日新高校の吹奏楽部OB・OGが中心。以来40年を超え、今では、
「来るもの拒まず」「楽器をさわったことの無いメンバーが練習で上手くなっています。意欲のある練習生は歓迎」と、オープンなバンドに成長してきました。
 服部一郎さん
 コンサトマスタ
 テナーサックス
               
 川端清さん
 団長
 トロンボーン
 有田耕三さん
 旧団長
 アルトサックス
 クラリネット

 演奏活動は、年10回程度で、単独コンサートをはじめ、ホテルでのライブ、各地のイベントなどに、ビッグバンドの迫力を届けます。時には、結婚式での演奏の依頼が舞い込むこともあるようです。バンドでは、規模の大小に関係なく、申込順を大事にするのをポリシーにしています。
 これからの課題は、メンバーに若い人を増やすこと。練習生にいっぱいきてもらって活力を高めたい。将来的には、ニューファイブラインズとして、二つのバンド(ツーバンド)を抱えるようになるのが夢だそうです。


練習生の声

 最近入団した練習生にも話を聞いてみました。

・坪田章吾さん
(22)は 福井県出身の現役の大学生。音楽好きは父親の影響。テナーサックスをしています。中学でブラスバンドを経験し、その充実を求めて見学に来て吹かせてもらっていました。

      第7回 鴻池ジャズストリート イオン会場
・岩田滋さん(44)は、32歳から12年間、音楽教室に通い、アルトサックスを練習。常々、バンドの一員になっていっしょに演奏したいと思っていました。たまたまニューファイブラインズのホームページを見つけ、6月に入団しました。


    第5回 小阪ジャズストリート 小阪駅前会場
 お二人に共通するのは、バンド仲間と一緒に音楽を作っていきたいという思い。
 
 ニューファイブラインズが、新しいパワーを得ながら、歌と元気を届け続けてほしいと願います。

     
        ルポ:楢よしき
ニューファイブラインズホームページ ←クリック

<最新のコンサート予定の紹介>

2014・
はすの広場 第12回スプリングコンサート 

日時:3月23日(日)13:30開演 13:00開場
場所:近江堂リージョンセンター文化ホール
定員:150名 先着順
 
<動画> ニューファイブラインズ 演奏風景


 

※当記事中のすべての画像の無断転載、及び無断の二次使用はご遠慮ください。
 ご意見・ご感想をお願いします。 一番下をクリック ↓

トップページに戻る




Copyright donatteruno All right reserved.