今どうなってるの?!東大阪
 東大阪市でおきている様々な事柄で、「どうなっているの?!」を独自に取材。
市政情報、地域の情報を皆様に提供している地域密着型情報配信サイトです。
トップページ ホットなニュース 知っ得 市内情報 ふるさと東大阪 鳩まめ瓦版 動画ニュース
元気の素 オススメの店 おしゃべりコーナー 
ふるさと東大阪2014年9月6日掲載




 
 東大阪リージョンめぐりの六回目は、
若江岩田駅前リージョンセンター(愛称:くすの
きプラザ)
企画運営委員会の活躍を紹介します。
 8月24日
(日)に開催された「希来里ファミリーまつり」のようすを取材しました。

                 

                   動画 希来里ファミリーまつり2014 ←ジャンプ
 ここは、近鉄若江岩田駅正面にある駅前再開発ビル。東側には高層住宅棟、西側には、希来里ビルと呼ばれる7階建の施設棟があります。この1~2階は商業施設、3~6階は公益施設となっています。企画運営委員会は、5階のくすのきプラザにあります。
             西側の希来里ビル

        池田千恵子委員長 
 準備で忙しい中、くすのきプラザ企画運営委員会の池田千恵子委員長にお話を伺うことができました。現在、委員は44名で協力員は10名。年間30ほどのイベントを分担しながら進めているそうです。

取り組みが大きく広がる

 今回の希来里ファミリーまつりは、企画運営委員会の総力を挙げた取り組みです。
 しかし、当初は、くすのきプラザでおこなう、夏休みの子どもたちの
ための、ちびっこあつまれ!というイベントで、5階だけの取り組みでした。

切り絵のコーナー

  世話をする委員や学生のボランティア
 それが、同じビル内にある東大阪市立男女共同参画センター、東大阪市中保健センター、東大阪市東歯科医師会が参加を申し入れてきたのです。子どもたちの楽しく遊ぶ様子が各団体を動かしたようです。こうして、希来里ファミリーまつりへと大きく衣替えしました。今年で4回目を迎えるそうです。
 各団体の調整に力を注ぐ実行委員長の寺井敏子さんにも伺いました。
 今年は、ビル2階の二つの民間団体も加わり、さらににぎやかさを増しているとのこと。5階の多目的ホールを利用し、子どもたちが喜ぶイベントが開催されるようです。そこものぞいて下さいと案内されました。

    絵本コーナーにて 実行委員長の寺井敏子さん

ヒーローショーの一幕 &  きらりっこの人形劇
 多目的ホールに入ると、家族でいっぱい。子どもたちは、始まったヒーローショーに夢中です。
 人形劇は、
きらりっこが公演。子どもたちが演じていたのには驚きました。午後には、劇団くりーんによる健康啓発の劇もおこなわれました。

 きらりっこのパネルシアター & ヒーローショーの子どもたち

中保健センターのコーナー

男女共同参画センターのコーナー

東歯科医師会のコーナー
 取材して、希来里ファミリーまつりの規模の大きさにおどろきました。力を合わせればこんなことも出来るのだと実感。
 若いファミリーが全館で楽しむ光景を見せてもらいました。企画運営委員会や参画団体のみなさん、お疲れさまでした。
        
                              ルポ:楢よしき 渉外:F・村上 校正:駒たん


<動画>希来里ファミリーまつり 2014


                                               ↑上に戻る
 ご意見・ご感想をお願いします。 一番下をクリック ↓

トップページに戻る



Copyright donatteruno All right reserved.