今どうなってるの?!東大阪
 東大阪市でおきている様々な事柄で、「どうなっているの?!」を独自に取材。
市政情報、地域の情報を皆様に提供している地域密着型情報配信サイトです。
トップページ ホットなニュース 知っ得 市内情報 ふるさと東大阪 鳩まめ瓦版 動画ニュース
 動物 ペット 鳩まめ川柳 東大阪・子ども 元気の素 オススメの店 薬膳四方山話 
生駒山麓風物誌 屋敷林だより イベント情報 かんたんレシピ おしゃべりコーナー
ふるさと東大阪2014年12月7日掲載





 東大阪市に在住する外国人の方々に、日本語を学ぶ機会を提供しているのが
NPO東大阪日本語教室(HONK)です。
 このたび、東大阪大学・同短期大学部と協力して、うどんづくり体験をプレゼント
しました。その楽しい様子をご紹介します。


          
<動画> 外国人の方々が、うどんづくりに挑戦 ←ジャンプ


東大阪大学の調理実習室にて

 右の建物は、学校法人村上学園が運営する東大阪大学・東大阪大学短期大学部(一色 尚 学長)の校舎。西堤学園町にあります。11月29日(土)、大学とNPO東大阪日本語教室との共催で、「うどんづくりに挑戦」のイベントがおこなわれました。
東大阪大学 本館  &  秋のキャンパス

HONK代表理事 村井好野さん
 うどんづくりに挑戦するのは、東大阪日本語教室(略称HONK=ホンク)で、日本語を学んでいる学習者や、東大阪大学・同短期大学部の留学生のみなさんです。今日は、うどんづくりを通して、日本の食文化に親しみ、相互の交流を図ります。
 迎える側の大学は、地域貢献や、学内の留学生と地域の外国人の方々との交流がねらいです。
 今日のイベントには、こども学部アジアこども学科、健康栄養学科や幼児教育学科などの学生が、ボランティアで自主参加しています。

 こども学部アジアこども学科・海外交流室・助教
今井淳雄さん

健康栄養学科教授 源 伸介さん
 関西人が好むうどんですが、私どもでさえ、作った経験の少ない食材です。外国の方々にできるのでしょうか。一抹の不安がよぎります。
 調理の指導にあたるのは、東大阪大学短期大学部健康栄養学科の
 源 伸介教授です。
 しかし、その不安は、すぐに解消しました。
 源教授の指導と、HONKのボランティアメンバー、
ママ’S キッチンの方々、学生さんたちの補佐で、調理はスムーズに進んでゆきました。

ボランティアで参加の 健康栄養学科の学生さん


会話も弾む交流の場


炊き込み御飯と天ぷらうどん
 調理室は、終始、和やかな雰囲気に包まれています。今日のメニューは、天ぷらうどんと、炊き込み御飯。みなさん、「おいしい」と、満足そうです。「みんなでうどんづくり」は、とてもクールな体験でした!

うどんづくりのようす (画像16枚)


周囲の支援を得て


幼児教育学科の学生が活躍
 別室では、アジアこども学科や幼児教育学科の学生たちが大活躍。子ども連れの参加者のために、預かり保育を引き受けました。幼児教育学科講師の後藤由美さんは、来春に巣立つ学生たちについて、保育園や乳児園などの職場で活躍してくれるだろうと、大きな期待を寄せます。
 うどんづくりの取り組みを支援したママ’Sキッチン(ママ・ズ・キッチン)は、くすのきプラザを中心に活動する団体です。2月には大掛かりな“みそづくり”に取り組むそうです。どうぞ来てくださいと、お誘いを受けました。
 

ママ’S キッチンのメンバー 中央 左:前田さん 右:幸田さん
 

 東大阪日本語教室と東大阪大学・同短期大学部が主催した、
“うどんづくりに挑戦”のイベントは、多くの支援者を得て、楽しい国際交流の場となりました。

1

<動画> うどんづくりに挑戦


東大阪大学・東大阪大学短期大学部 ←クリック

NPO東大阪日本語教室 ←クリック


ルポ:楢よしき   校正:駒たん


                                               ↑上に戻る
 ご意見・ご感想をお願いします。 一番下をクリック ↓

トップページに戻る



Copyright donatteruno All right reserved.