今どうなってるの?!東大阪
 東大阪市でおきている様々な事柄で、「どうなっているの?!」を独自に取材。
市政情報、地域の情報を皆様に提供している地域密着型情報配信サイトです。
トップページ ホットなニュース 知っ得 市内情報 ふるさと東大阪 鳩まめ瓦版 動画ニュース
 動物 ペット 鳩まめ川柳 東大阪・子ども 元気の素 オススメの店 薬膳四方山話 
生駒山麓風物誌 屋敷林だより イベント情報 かんたんレシピ おしゃべりコーナー
ふるさと東大阪2014年12月30日掲載





 「子どもたちに、本との素敵な出会いを!」との願いで、市内の文庫や絵本サーク
ルが、ネットワークをつくって活動しています。このネットワークが、新たに、リージョン
センターとの協働を、一層進めようとしています。また、B地域では“まちづくり相談会”
をきっかけに、リージョンセンターを拠点にした
「歴史を生かした町づくり」の機運が高
まっています。市民とリージョンセンターとの協働を紹介します。


          
<動画> 市民とリージョンセンターとの協働 ←ジャンプ


① 協働で レインボー計画を



中鴻池リージョンセンター 多目的室 “絵本をくいいるように見つめる姿は、美しい”
 

 ここは
中鴻池リージョンセンター(愛称:グリーンパル)。JR学研都市線の鴻池新田駅近くにあります。12月21日(日)に、ブックフェア「えほん は ともだち」のイベントがあり、親子が絵本の読み聞かせ、紙芝居などを楽しみました。


中鴻池リージョンセンター
 主催は、東大阪 子どもと本・おはなしネットワーク(以降:ネッワーク)です。2000年の“子ども読書年”をきっかけに結成されたものです。10の文庫でつくる東大阪子ども文庫連絡会と、おはなし、絵本、紙芝居などで活躍する10のサークルが参加しています。
 従来、ネットワークは、この取り組みを、市立花園図書館と協力して市民会館展示室でおこなってきました。しかし、今年からは、リージョンセンターをめぐって開催する方向を打ち出しました。リージョンセンターの7つの数にちなみ、レインボー計画と名づけられています。

              受付 & 館内

中鴻池リージョンセンター 多目的室にて

これなあに?
 第一回目の会場となった、中鴻池リージョンセンターでは、企画運営委員会との共催で取り組まれました。リージョンセンターが、成人の活動の場としての機能に加え、子どもたちの成長の場としても発展していく方向性が示されています。
 ももの広場(楠根RC)など、いくつかのリージョンセンターでは、毎月一回ほど、文庫やサークルと協働で、読み聞かせ、紙芝居、わらべうたの会などがおこなわれています。リージョンセンターが、市民活動と連携し、子育てに力を入れはじめた動きが注目されます。
みんなあつまれ!


② ひょうたん山・夢街道まつり の構想


瓢箪山稲荷神社  &  瓢箪山商店街 
 「甲冑隊(かっちゅうたい)」

四条リージョンセンター
 写真の建物は、瓢箪山駅南にある四条リージョンセンター(愛称:やまなみプラザ)。ここを拠点にして、あるまちづくりの企画が進行中です。その企画とは、2014年のB地域の“まちづくり意見交換会”で多くの賛同を得たもので、“ひょうたん山夢街道まつり”と名づけられています。
 B地域は、歴史的な遺産が豊富なところ。南北に通る東高野街道(ひがしこうやかいどう)は、京道(きょうみち)ともよばれ、古代から重要な幹線道路でした。
 ここを往来した人々に扮
(ふん)し、仮装パレードで、住民の人たちに歴史を知ってもらおうというもの。

ダンボールで甲冑(かっちゅう)を手作り(四条RC)
 
 あわせて、歴史のシンポジウム、史跡マップづくり、スタンプラリーなどの企画で、町づくりをめざします。



甲冑隊全員集合!準備会のメンバー

歳末助け合いパレード
 12月13日(土)には“街道ゆかりの武将達”に扮した 実行委員会準備会の人々が、瓢箪山商店街を練り歩きました。歳末助け合いパレードに参加しながら、“まつり”の企画をアピールしたものです。
 ひょうたん山夢街道まつり実行委員会準備会では、地域の人々や団体に、手作りでの仮装の参加を呼びかける計画です。歴史をひもとき、街道を通った人々に思いを馳せながら、どんな人物に扮装しようかと考えるのも楽しいもの。多くの住民参加をめざしています。
 B地域の
宝物を発信し、商店街の活性化にもつながることが期待されます。
 
まちづくり意見交換会での市民の論議が、リージョンセンターを拠点にして、実を結ぶ過程に注目です。

真田幸村に扮した 準備会会長 有友新三郎さん
&甲冑隊



<動画> 市民リージョンセンターとの協働

ルポ: 竹田光雄 F・村上 イチロー・S 楢よしき   校正:駒


                                               ↑上に戻る
 ご意見・ご感想をお願いします。 一番下をクリック ↓

トップページに戻る



Copyright donatteruno All right reserved.