今どうなってるの?!東大阪
 東大阪市でおきている様々な事柄で、「どうなっているの?!」を独自に取材。
市政情報、地域の情報を皆様に提供している地域密着型情報配信サイトです。
トップページ ホットなニュース 知っ得 市内情報 ふるさと東大阪 鳩まめ瓦版 動画ニュース
 動物 ペット 鳩まめ川柳 東大阪・子ども 元気の素 オススメの店 薬膳四方山話 
鳩まめ自己紹介 生駒山麓風物誌 屋敷林だより イベント情報 かんたんレシピ おしゃべりコーナー
ふるさと東大阪2016年元旦掲載




 
 
新年あけましておめでとうございます。旧年中は、どーなってる東大阪をご覧い
ただき、まことにありがとうございました。昨年一年間で、特集48編のほか、動画
61本など、皆様に東大阪の情報をお届けすることができました。
 今年も鳩まめ会員一同、東大阪の宝物探しに励んでまいります。皆様方のご声
援をよろしくお願い申し上げます。   
                     鳩まめ会員一同
   ご挨拶状クリック

 さて、新春第一弾は「高校ラグビー開会式」「インタビュー・アジアの正月」の二部
構成です。ワールドカップでの日本勢の活躍で、ラグビー場も盛り上がっています。
世界経済はアジアを軸に回り始め、東大阪とアジアの結びつきが強まっています。
 どうぞご覧ください。

 

   
<動画> 第95回全国高等学校ラグビーフットボール開会式 ←ジャンプ
            
               インタビュー アジアの正月 ← ジャンプ
            

高校生ラガーマン 溌剌(はつらつ)と行進


東大阪市花園ラグビー場  &  開会式のようす
 年末から正月にかけておこなわれる全国高等学校ラグビーフットボール大会が始まりました。今年は95回目の記念大会で、特別枠の4校が加えられます。
 会場の東大阪市花園ラグビー場では、55校の高校生ラガーマンの熱き戦いが繰り広げられています。

 第1回戦 天理(奈良) VS 山形南(山形)

第1回戦 津山工(岡山) VS 新潟工(新潟)
正月の日程は次の通り

・1月1日
(金)  3回戦
・1月3日
(日)準々決勝
・1月7日
(木)  準決勝
・1月11日
(月・祝)決勝

   一般入場料1000円
      高校生300円
(学生証)
      中学生以下無料

 これまで開会式のエキシビションとしてU18花園女子セブンズが登場しています。今年は7人制から15人制に切り替えて、迫力ある東西対抗戦を見せてくれました。
 
 激闘を続ける高校生ラガーマンたちの応援に駆けつけましょう。

U18 花園女子セブンズ 15人制東西対抗戦

 そこで、ぜひ立ち寄って欲しいのが、隣接する東大阪市民美術センター。
 幼児・児童の
ラグビー絵画展が開かれています。
 子どもたちの目に、ラグビーはどのように映っているのでしょう。将来を見る興味深い企画展です。


 1月4日(月)~1月11日(月・祝)
  10:00~17:00 入場無料  



<動画> 第95回全国高等学校ラグビーフットボール大会
 
“開会式”





インタビュー アジアの正月


 ここは、四条リージョンセンター(B地域)NPO東大阪日本語教室(略称HONK)
“火曜夜教室”が開かれています。ボランティアの先生たちと学ぶ人たちが参加されて
います。多くはアジアの方たちです。アジアはこれから大いに発展する地域。仲良くし
てゆきたいものです。教室の協力を得て、アジアの正月事情を、5人の方にインタビュ
ーさせてもらいました

こんにちは よろしくお願いします!


アフマド シャッ ロニ さん
 
 インドネシアから技術の習得にやって来た、
アフマド シャツ ロニさん。来日3年目です。電気メッキの仕事をしています。帰国して起業するのが夢だそうです。夢がかなうことをお祈りします。
 国では4種類の暦が通用していて、正月は別々の日に盛大におこなわれます。太陽暦
(グレゴリオ暦)の1月1日は休日となりますが、特別なことはないようです。

 インドネシアの干支(えと)はずい分違います。牛は水牛ウサギは、羊はヤギ、イノシシはです。
 今年の干支のサルについてたずねてみました。インドネシアで生息するオランウータンは、直接見たことがないそうです。でも、自然の中にいる野生の小型のサルに「菓子をあげていた」と、話してくれました。

モンキーフォレスト

王 欣雨(ワン シン ユ)さん
 
 ワン シン ユさん
は、お母さんの仕事の都合で、一昨年9月に中国から来日。地元中学で学ぶ1年生です。英語が得意で、放課後はバドミントン部で汗を流します。中国の正月は、春節といって今年は2月8日(月)です。前日の7日(日)から13日(土)まで7連休。水餃子を食べ、爆竹で祝います。お年玉も楽しみだそうです。たくさんもらえるといいですね。
 中国の干支は日本と変わりませんが、「猪」で思い浮かべる動物が違います。中国ではなのです。野生のサルを見たことがないというワンさんに、「孫悟空を知ってますか」とたずねました。「テレビで見ていました」と、笑顔で答えてくれました。
金絲猴(きんしこう)
 蔡 磊明(ツアィ レイミン)さん
 ツアイ レイミンさんは、中国の師範学校を卒業し、玉串の金型工場でコンピューターを操作する技術者です。上海に住むお母さんは、以前広島で仕事をし、日本語はペラペラだそうです。春節には大いに楽しむという蔡さんに、太陽暦の1月1日はどうなのかたずねました。蔡さんによると、現在の中国では、1月1日を元旦と呼び、1日から3日まで祝日とのことです。
 干支のサルについてたずねましたが、あまりぴんとこないようです。日本のようにサルの置物があったり、サルを擬人化して親しむという習慣がないのかも知れません。温泉につかるニホンザルの写真を見てびっくりされていました。
アジア大陸に棲むアカゲザル


NGUEN HOANG TRAM ANH 通称アンさん
 アンさんは、ベトナムからやってきた実習生で、高井田の鋳造工場で働いています。「現場の作業はきつくない」と、けなげです。働きながら日本の各地も見てみたいと、好奇心も旺盛。ベトナムの正月はテトと呼ばれます。今年は2月8日(月)で、テト休みは2月7日(水)~2月11日(木)ベトナムで最も大切な祝祭日で、家をきれいにし、ケーキをつくります。
 
 ベトナムの干支はインドネシアと共通していて、
が入っています。日本ではだまされたネコがそれ以来ネズミを追い回すという話ですが・・・。国が変われば干支も変わるということですね。因みにモンゴルでは虎は、イランでは竜はワニです。
 アンさんには、森の中で、サルに持ち物を奪われそうになる、こわい体験がありました。


ベトナムの野生のサル
 ハミン ビヤットさん  
 
ハミン ビヤットさんは、ベトナムからやってきて3年目を迎えます。玉串のバルブボール製造工場で働く実習生です。スーパーの値段が高いのがつらいとか。でも、会社では、社長さんや社員さんたちと楽しく交流しているそうで、聞くほうもうれしくなります。日本の会社に就職するのが夢だそうです。
 
 テト
には、特別に花火を上げます。子どもたちはお年玉を楽しみにしているようです。サルについてたずねると、「動物園で見るが、野生のサルは見たことがない」という答えです。前出のアンさんの体験談とは違います。同じベトナムでも地域差があるようです。「この国はこうだ」との先入観は禁物のようです。そういえば、私たち日本人も、温泉につかるサルを実際に見た人は少ないのですから・・・。

ベトナムラングール
 
 インタビューに応じていただいた日本語教室のみなさん、ありがとうございました。日本の正月もぜひ楽しんでください。

 
 
花園ラグビー場の高校生ラガーマンたちの雄姿はいかがでしたか。日本では旧暦と呼ぶ太陰太陽暦が、アジアでは健在です。アジアからの人々が多い東大阪で、
“春節セール”や“テト初売り”などはいかがでしょう。
 さて、特集をご覧いただいた皆様、正月休みには大いに英気を養ってください。ありがとうございました

ルポ:F・村上 はなの のののはな  楢よしき  校正:駒
                                               ↑上に戻る
 ご意見・ご感想をお願いします。 一番下をクリック ↓

トップページに戻る



Copyright donatteruno All right reserved.