今どうなってるの?!東大阪
 東大阪市でおきている様々な事柄で、「どうなっているの?!」を独自に取材。
市政情報、地域の情報を皆様に提供している地域密着型情報配信サイトです。
トップページ ホットなニュース 知っ得 市内情報 ふるさと東大阪 鳩まめ瓦版 動画ニュース
 動物 ペット 鳩まめ川柳 東大阪・子ども 元気の素 オススメの店 薬膳四方山話 
鳩まめ自己紹介 生駒山麓風物誌 屋敷林だより イベント情報 かんたんレシピ おしゃべりコーナー
ふるさと東大阪2016年3月6日掲載





 
市政だよりを見て、ご存知の方も多いと思います。観梅で親しまれる枚岡梅林が
ウイルスの感染により、今期を最後に梅の木全部が伐採されるというのです。
 ショックを受けられた方や、いまだ納得がいかないとお感じの方も多いようです。
 鳩まめ倶楽部では、管理担当者や防疫の専門家へのインタビュー取材を実施い
たしました。

     寝耳に水のウイルス禍←ジャンプ  関連部局にインタビュー←ジャンプ
            
            <動画>ウイルス感染 疑問に答える←ジャンプ       

            枚岡神社にインタビュ←ジャンプ
            


     
寝耳に水のウイルス禍 ウイルス      


枚岡梅林の風景  A & B
 3月1日(火)、風は冷たいけれど、日差しが春めく枚岡梅林。梅の花の芳香が漂います。ウイルス問題を知らなければ、あくまでのどかな風景です。
梅の花  A & B

枚岡梅林 A & B
 しかし、観梅に訪れている人々は、梅の木の伐採を話題にし、名残を惜しむように園内を巡っておられました。
 今、府民・市民に大きな衝撃が走っています。

 

             一覧に戻る←クリック


関連部局にインタビュー  
見インタぬ
          
  

市民の質問に答える担当者の方々
 私たちは、ウイルスの正体や対策の方法などの市民の疑問について、専門家の意見をぜひ聞かせてもらいたいと考えました。
 管理の大阪府八尾土木事務所に依頼したところ、さっそく、専門分野の方々を伴って現地にやってきてくださいました。

農林水産省神戸植物防疫所
大阪支所長 難波一郎さん
 

大阪府環境農林水産部農政室推進課 
病害虫防除グループ 
植物防疫推進総括 上田知弘さん
 市民の皆さんの疑問は、大きくいって三
点です。 
 ①ウイルス感染はどうして広がったか、人
  体に危険はないか。
 ②全部伐採でなく、病気の木だけ切るとい
  うわけにはいかないのか。
 ③今後の梅林の再生計画を聞きたい。
 
と、いうものです。これらについて、直接に話をうかがうことができました。
                       (動画参照)

 取材で感じたのは、関連部局のウイルス防疫の真剣さです。私たちは、枚岡梅林だけの問題として受け止めていました。しかし、海外から侵入したウイルスが、今や、各地でウメやモモの被害を引き起こす深刻な問題に発展していることを知らされました。また、ウイルスの蔓延(まんえん)を食い止めるには、市民の協力が是非とも必要であることが理解できました。 担当の方々は、疑いのある木を見つけた場合、感染を広げないため、通報してほしいと呼びかけています。
 

大阪府八尾土木事務所
都市みどり課長
渡部恭三さん


写真&感染確認の流れ 農林水産省と大阪府の作製チラシより

農林水産省神戸植物防疫所大阪支所 06-6571-0801
大阪府病害虫防除グループ
      ウメ輪紋ウイルス担当
072-957-0520


一覧に戻る←クリック


<動画>ウイルス感染 疑問に答える ぎもん





一覧に戻る←クリック

枚岡神社にインタビュー 食事と



梅の枝を奉納する 中東 弘宮司
 3月1日のこの日は、枚岡神社の梅花祭の神事がありました。いつもと変わりなく、粛々と執り行われています。
 境内には農産物や植木の店も出て、売り出しの弁当も早々と売り切れていました。
 梅林では、紅白幕が張られ、甘酒が振舞われています。この風景もしばらく見られなくなるのでしょうか。
 枚岡神社にもこの問題でうかがいました。

甘酒の振る舞い

インタビューのようす 権禰宜の濱上晋介さん
 
 インタビューに応じていただいたのは、枚岡神社権禰宜(ごんねぎ)
濱上晋介さん。まず、ウイルス感染を聞いたとき、どう感じられたかをお聞きしました。すると、意外な答えがかえってきました。「やっぱり来たか」と、感じたというのです。


残念と語る 濱上さん
 近年、ウメ輪紋(りんもん)ウイルスが外国から関東に侵入し、次第に西に広がってきている情報をキャッチされていました。「枚岡の森を守る会」の取り組みをされ、自然の生態にくわしい濱上さんは、人工的な梅林の脆弱性に不安をもっていました。

 全部伐採という事態に直面し、木々の命が断ち切られるのを悼み、慰霊の式もおこなう予定です。
 梅林の再生については、より自然に近い里山のような環境をつくり上げたいという構想があります。関係機関や地元の人たちと十分に話し合っていきたいと、今後の抱負を語っていただきました。

前向きに抱負を語る濱上さん

  私たちとしては、一刻も早くウイルス禍から立ち直り、一層魅力的な府民・市民の憩いの場として再生されることを願いたいと思います。



 一覧に戻る←クリック
    ルポ: 楢よしき  美杜里    校正:駒
                                               ↑上に戻る
 ご意見・ご感想をお願いします。 一番下をクリック ↓

トップページに戻る



Copyright donatteruno All right reserved.