今どうなってるの?!東大阪
 東大阪市でおきている様々な事柄で、「どうなっているの?!」を独自に取材。
市政情報、地域の情報を皆様に提供している地域密着型情報配信サイトです。
トップページ ホットなニュース 知っ得 市内情報 わがまち東大阪 鳩まめ瓦版 動画ニュース
 動物 ペット 鳩まめ川柳 東大阪・子ども 元気の素 オススメの店 薬膳四方山話 
鳩まめ自己紹介 生駒山麓風物誌 屋敷林だより イベント情報 東大阪伝承料理 おしゃべりコーナー
 2016年4月30日掲載
                                   

 

 高齢者の通所介護施設は東大阪に多くあります。その中で、本格的に筋力トレー
ニングを日課にしている施設を見つけました。
 ところは、下六万寺町。名称は、
“筋トレ デイサービス ビーボ”。ビーボ(vivo)は
エスペラント語で、命・生活・生涯の意味。
 施設内にはトレーニングマシンが並びます。施設長は鍼灸院の院長でもあります。
 昨年には、地域むけのトレーニングジムを開設しました。院長の思いを含め、施設
を紹介します。


                    目次
 

     
①健康長寿のカギ 筋肉強化を図る←ジャンプ
  
      専門知識と技術をもつ施設 ←ジャンプ
            
      人々の健康を願って←ジャンプ

      地域むけトレーニングジム開設 ←ジャンプ
     
      動画 筋トレ デイサービスとエールスペース ←ジャンプ
            


     
①健康長寿のカギ 筋力強化を図る 
 
 
 パン工 

 
筋トレ デイサービスの風景 A  &  B


はり灸ケアプラン永澤 &  生駒山系が間近
 ここは、東大阪市下六万寺町。国道24号線沿いに有限会社はり灸ケアプラン永澤(永澤貞二社長の建物が見えます。
 
 漢方薬店、鍼灸院、ケアプラン、デイサービスの医療・介護の総合施設です。

 ここで注目されているのが、高齢者デイサービス(通所介護)。全国に先駆けた理念と設備をもっています。
 名称は、
“筋トレ デイサービス ビーボ”その名が示すように、筋力トレーニングを通じ、高齢者に健康長寿を保障しようとするものです。

ローイング・チェストブレス & アブダクション・アダクション

 一般に、「高齢者に筋力トレーニングなんて」と、思われがち。しかし、最新医学では筋力トレーニングの効用が明らかになり、90歳代でも筋肉は強くなることがわかっています。
 そもそも、
人間が動くことが出来るのは筋肉のおかげ。歩く、食べるはもちろん、笑顔をつくるのにも17個もの筋肉が働きます。じっと立っているときや寝ているときも、筋肉は休まずに働いています。

 ニューステップ A & B  筋肉の働きはそれだけではありません。血液を循環させるポンプとして、心臓を助けます。エコノミー症候群といわれるのは、大きな足の筋肉が働かなくなるからです。
 「高齢者は歩こう」といわれるのも、この心肺・循環機能を衰えさせないためです。
             

 また、筋肉で体温となる熱が生まれます。筋肉は、外部からの衝撃から骨や内臓を守ります。転倒しても、筋肉の弾力がショックを和らげてくれるのです。
 おまけに、骨粗しょう症の発症は、筋肉が弱いと起きやすいという研究もあります。人間が人間らしく生きてゆくために筋力の維持は不可欠です。

レグエクステンション・フレクション A & B

  しかし、若いときに筋肉を鍛えていても、使わなければ衰えます。
 人間のカラダは、うまく出来ていて、
「ムダは廃止する機能」が働くのです。
 廃用性筋萎縮(はいようせいきんいしゅく)といわれ、高齢になるとこの機能が加速度的に進行します。「待ってくれ」と、筋肉に声をかけてもダメ。唯一の方法は、萎縮する前に筋肉を使うこと。するとカラダは、「ああ、まだこの人はこの筋肉を使うんだな」と、萎縮が停止されます。

一覧に戻る←クリック




②専門知識と技術をもつ施設
 gizyutu
sisetu   



トレッドミルウオーキング A & B
 それではとばかり、自己流に体を動かしても、かえって体を痛めます。筋肉は全体が連携し、バランスで成り立っているからです。
 
 筋力トレーニングを、専門的な指導のもとに行っているのが、この
“筋トレ デイサービスビーボ以降ビーボ)”の特長です。

 ビーボには、先に写真で紹介したように、何種類もの筋トレマシーンが設置されています。日常生活に必要な筋力を訓練するためです。
 デイサービス利用者は、1日の流れの中のある時間帯に、トレーニングに励みます。

 トレーニングの内容は個人によって違い、専門のスタッフが管理します。

トレーニング管理をするスタッフ


スタッフが細かく目を配る
 そのほか、誤嚥(ごえん)を予防する口腔(こうくう)体操、転倒を予防するバランス運動など、みんなで取り組みます。

 寝たきりを予防し健康長寿をめざす
筋トレ デイサービスに、注目が集まる理由がわかりました。

一覧に戻る←クリック


       人々の健康を願って                         
シエル

 この高齢者デイサービスを開設したのが、はり灸ケアプラン永澤永澤充子(みちこ)院長です
 
1967年
(S42)の漢方薬・
永澤秀漢院の開業から、永澤鍼灸院の開設(1979年・S54)へと、人々の健康を願って活動してこられました。

 

院長の 永澤充子さん

漢方薬店 永澤秀漢院
  そして、この医療活動の中から、高齢者の健康ケアの重要性に気付きます。
 あらためて、ケアマネージャの資格を得るとともに、
はり灸ケアプラン永澤を開設。ついに、訪問介護・居宅介護支援事業に乗り出します。2000年(H12)のことです。

 さらに、筋トレ デイサービス(通所介護)ビーボ を立ち上げるきっかけは、2006年(H18)の日本鍼灸師会主催の介護予防運動指導員の研修を受けたことから。
 健康長寿のためには、筋力低下を防ぐべきとの確信を得ます。さっそく、この理念に沿ったデイサービスを立ち上げました。人々の健康を第一に考える永澤さんの生き様です。

永澤鍼灸院
しかし、永澤さんはここで止まらず、さらに前に進みます。
一覧に戻る←クリック



地域むけ トレーニングジム開設
OSJ工房


はり灸ケアプラン永澤の、南隣にあるエールスペース


ズンバ体操 & トレーニングマシン
 2015年(H27)9月には、地域の人々の健康と交流の場を作ろうと、エール スペースを建設し、NPO法人ビーボを立ち上げました。
 
一階スペースは、広いトレーニングルーム。この日は、ズンバ体操がおこなわれていて、活気にあふれていました。

 体操のあとは、トレーナーの管理の下、トレーニングマシンで筋力アップの時間となります。ここには、20歳代から90歳代の地域の人々がやって来られます。
 このほか、ノルディックウオーキングスクールの活動もおこなわれています。

マシントレーニング風景

会員制 月5000円 毎日利用可(1日1時間帯)
①10:00~②11:30~③13:30~(ズンバ体操などイベントあり)④15:00~⑤16:30~⑥17:30~


光いっぱいの 憩いのスペース
 二階は、コミュニティースペースになっていました。地域の人々に開放されていて、ドトールコーヒーの販売機が設置され、一杯100円で飲めます。

 この場所を借りて、チョークアートの教室も開かれているようです。光がたくさん入る部屋で、生駒山系の緑も目に飛び込んできます。
 
 
 
 永澤さんの、“人々の健康を守りたい”という思いは、高齢者からさらに対象が広がり、地域の人々の健康と幸福へエールを送りたいと願うまでになっています。

 その生き様に感動を覚えます。地域の人々との共同が一層広がることをお祈りして、訪問を終えました。

2階で開かれている チョークアート教室

 一覧に戻る←クリック


<動画>筋トレデイサービスエールスペース
東大

  はり灸ケアプラン永澤
    筋トレデイサービス&エールスペース

所在地 東大阪市下六万寺町3-6-51
電話 072-982-7839
電話 072-982-7862(ビーボ)
HP はり灸ケアプラン永澤←クリック
HP 筋トレデイサービスビーボ←クリック
 
  

一覧に戻る←クリック

    ルポ Y・川口  楢よしき  校正:駒   
                                               ↑上に戻る
 ご意見・ご感想をお願いします。 一番下をクリック ↓

トップページに戻る



Copyright donatteruno All right reserved.