今どうなってるの?!東大阪
 東大阪市でおきている様々な事柄で、「どうなっているの?!」を独自に取材。
市政情報、地域の情報を皆様に提供している地域密着型情報配信サイトです。
トップページ ホットなニュース 知っ得 市内情報 わがまち東大阪 鳩まめ瓦版 動画ニュース
 動物 ペット 鳩まめ川柳 東大阪・子ども 元気の素 オススメの店 薬膳四方山話 
鳩まめ自己紹介 生駒山麓風物誌 屋敷林だより イベント情報 東大阪伝承料理 おしゃべりコーナー
 2016年6月29日掲載
                                   



 
6月21日(火)の朝は曇り空。しかし、天気予報では昼から雨雲が途切れるという
予報です。これを信じて、カメラを持って家を飛び出し、まち歩きを決行することに。
 出発は近鉄奈良線枚岡駅前。眼下に河内平野が望める急な坂道を下って、中央
公園をめざします。梅雨の晴れ間の山麓の町をご紹介しましょう!

  
 
                    目次
 

     
①標高差50メートルを下る
←ジャンプ
  

      ②花を愛でる家々←ジャンプ
            
      刻々と変わる小川の表情←ジャンプ

      ④梅雨の晴れ間を喜ぶ←ジャンプ
     
            

   
 
 
標高差50メートルを下る 
 パン工 



梅雨の晴れ間   枚岡駅前から河内平野を望む    鳥居町から見た生駒山
 ここは、近鉄枚岡駅前。眼下に見えるのが河内平野です。ここから真西にある花園中央公園に向かいます。標高差50メートルほどの下り坂となります。
 歩きはじめてすぐに、あちこちで紫陽花(アジサイ)が出迎えてくれました。
 季節柄、アジサイの花が見られるだろうと予測はしていました。しかし、これほど数多く栽培されているとは思いませんでした。

愛されるアジサイ

アジサイの多さにびっくり 
 アジサイには根深い人気があるようです。淡い色彩のグラデーションや微妙な色の移り変わりが、人々の心の琴線にふれるのでしょう。

 アジサイのある町の風景が、しっとりと落ち着いて見えるのは、私だけではないでしょう。 

一覧に戻る←クリック



②花を()でる家々



ペチュニアなどのハンギングバスケット

 道すがら目を楽しませてくれるのは、アジサイばかりではありません。家々の玄関先などに飾られている鉢植えの花々にも目が行きます。それぞれのお家が花を楽しんでおられるようすがうかがわれます。花のある町は、生活の潤いが感じられて、通りすがりの人間も心が癒やされます。
 

  

ガーベラの鉢植え
<町の花20選>
町で出合った花の中から 20枚の写真をご紹介します。



一覧に戻る←クリック



③刻々と変わる小川の表情

   

 坂道を下ってしばらくゆくと、豊浦谷から流れくだる豊浦川(とようらがわ)と出合います。ここから川に沿って西へと進みました。小さな川ながら、その変化を楽しみながら歩くことができます。
豊浦川は最後に恩智川(おんちがわ)に流れ込む

川のある風景
 梅雨のために増水した小川は、勢いよく流れ下っています。勾配がゆるやかになるころには流れは落ち着いて見えます。またしばらく歩くと暗渠(あんきょ)となります。そして最後には恩智川に流れこんでいます。
 歩くうちに刻々と変わる小川の表情。短時間のうちにその変化を面白く観察できます。流域の人々がこの川を大切にされていることも肌で感じることができました。

一覧に戻る←クリック



 ④晴れ間を喜ぶ



水たまりで水浴びするムクドリたち

 写真を撮りながらぶらぶら歩くこと一時間半直線距離で約1.5kmほどの花園中央公園に着きました。ここでは、梅雨の晴れ間を喜ぶ人々や動物との出会いがありました。
梅雨の晴れ間を喜ぶ


「孫にメダカを・・・」
 石切からバスで来たという保育園の先生は、「思い切って子どもたちを連れてきてよかった」と、晴れ間を喜んでおられます。菖蒲池では、高齢の男性が“たもあみ”で何かをすくっています。たずねると、「孫にメダカをせがまれまして・・・」との返事。水面には青空が写っています。
 ぶらりまち歩きは、花に癒やされ川の変化に驚くなど、刺激たっぷりの時間を過ごせました。みなさまも、携帯の傘をかばんに忍ばせながら、梅雨の晴れ間のぶらり散歩をお楽しみください得した気分になれること請け合いです。
一覧に戻る←クリック


    ルポ 楢よしき  校正:駒 

 
                                               ↑上に戻る
 ご意見・ご感想をお願いします。 一番下をクリック ↓

トップページに戻る



Copyright donatteruno All right reserved.