今どうなってるの?!東大阪
 東大阪市でおきている様々な事柄で、「どうなっているの?!」を独自に取材。
市政情報、地域の情報を皆様に提供している地域密着型情報配信サイトです。
トップページ ホットなニュース 知っ得 市内情報 わがまち東大阪 鳩まめ瓦版 動画ニュース
 動物 ペット 鳩まめ川柳 東大阪・子ども 元気の素 オススメの店 薬膳四方山話 
鳩まめ自己紹介 生駒山麓風物誌 屋敷林だより イベント情報 東大阪伝承料理 おしゃべりコーナー
 2016年8月9日掲載
                                   

 
 東大阪市内の中学生・高校生が学校のワクを越え、力を合わせて演劇に挑戦して
います。6回目となる「東大阪 中・高校生演劇ワークショップ」の取り組みがそれで
す。1週間ほど演技や発声を学びながら、7月30日
(土)に修了公演にのぞみました。
 演目は、近未来の学校を舞台にした「桜2号」。若い人たちが活躍するようすを、こ
の目で確かめようと出かけました。
 
  
                    目次
 

     
①中・高校生が演劇に挑戦!
←ジャンプ
  

      ②近未来劇「桜2号」を2グループで←ジャンプ
          
          Aグループハイライト動画    Bグループハイライト動画
             
      <動画>力を合わせ成功の喜び←ジャンプ
     
            

   
 
 
東大阪の中・高校生が演劇に挑戦!  パン工 



公演場面:写真6枚

会場となった荒本人権文化センター
 主催は、東大阪 中・高校生演劇ワークショップ実行委員会(実行委員長:菊川徳之助)。若者の活躍の場を広げ、文化の発展を目指します。大阪府が「輝け!子どもパフォーマー事業」に認定し、東大阪市などの後援を受けています。


後援:東大阪市教育委員会、東大阪商工会議所、一般社団法人日本演出者協会関西ブロック、イオ  ンしあわせの黄色いレシートキャンペーン活動団体指定

 今回、演劇ワークショップに応募したのは中学生と高校生の合わせて28名。それに舞台スタッフに名乗り出た数名が加わります。


 
 また、オーケストラには東大阪の三つの高校の吹奏楽部員が、ダンスには布施高校のダンス部1年が共演します。若者たちの熱気あふれる連帯の舞台となっています。

若さいっぱいの舞台

大阪府立城東工科高等学校、大阪商業大学高等学校、東大阪大学敬愛高等学校
大阪府立布施高等学校


<動画>菊川徳之助委員長の談話
 これに対して実行委員会のサポートも万全です。
 近畿大学元教授で、演劇・舞台芸術が専門の
菊川徳之助委員長をはじめとして、舞台装置やダンスの専門家、学校で演劇指導する先生たちなど、若者の力を引き出す本格的で献身的な体制です。 

 今回は応募者が多かったため、A・B2つのグループに分かれ、同じ演目に挑戦することになりました。その修了公演のハイライト動画をご覧ください。


一覧に戻る←クリック



②近未来劇「桜2号」 を2グループが




<動画>Aグループ公演

舞台下で生演奏
 この公演で注目した一つが、オーケストラの生演奏。三つの高校の吹奏楽部の合同演奏です。
 舞台下の演奏はとても迫力があり、雰囲気を盛り上げています。
 
 しかし、三つの高校が合同で練習する難しさはなかったのでしょうか。生徒さん自身に伺うことにしました。


 インタビューに応じてくれたのは森田優士さん、城東工科高校の吹奏楽部部長です。
 今回演奏するのは「おもいだま」と「なごり雪」。そのうち、「なごり雪」は公演の10日前からそれぞれが練習をはじめ、昨日のリハーサルで合わせたそうです。ドキドキしたと語る森田さん、やはり大変な苦労があるようです。

  

城東工科高校吹奏楽部の森田さん



<動画>Bグループ公演


布施高校ダンス部 出演場面
 もう一つ注目したのが、劇の象徴的な場面や回想場面でダンサーが活躍していたこと。
 表現豊かな舞台となっていました。ダンスの部分は、大阪府立布施高等学校のダンス部1年生が演じました。
 公演が終わったあと、観客にお礼のあいさつをする生徒たち。通路は、喜びにあふれていました。
 ワークショップは短い期間でした。しかし、生徒たちにとっては充実し、完全燃焼した1週間だったことでしょう。

喜び爆発の生徒たち
一覧に戻る←クリック



 <動画>力を合わせ成功の喜び 



 
 今回の取材で、生徒たちの真剣な演技に清々しいものを感じ、最後はホロッとさせられました。



公演成功を祝う記念写真
 
 舞台準備はわずか1週間、スタッフとなった5名は照明・音響の仕込みをこなし、当日の操作をやり抜きました。裏方の仕事がなければ劇は成立しません。
 公演を知らせるチラシの制作も、生徒の手になります。大人からの信頼に、若者が応えてくれたことがわかります。今回の取材では、若者たちのエネルギーのすごさと、サポートの人々の熱い思いに触れることができました。
チラシ クリック:拡大
一覧に戻る←クリック
    ルポ 写真:Y.岡本  総合編集:楢よしき  校正:駒 

 
                                               ↑上に戻る
 ご意見・ご感想をお願いします。 一番下をクリック ↓

トップページに戻る



Copyright donatteruno All right reserved.