今どうなってるの?!東大阪
 東大阪市でおきている様々な事柄で、「どうなっているの?!」を独自に取材。
市政情報、地域の情報を皆様に提供している地域密着型情報配信サイトです。
トップページ ホットなニュース 知っ得 市内情報 わがまち東大阪 鳩まめ瓦版 動画ニュース
 動物 ペット 鳩まめ川柳 東大阪・子ども 元気の素 オススメの店 薬膳四方山話 
鳩まめ自己紹介 生駒山麓風物誌 屋敷林だより イベント情報 東大阪伝承料理 おしゃべりコーナー
 2017年6月28日掲載
                                   
                     
 大阪商業大学では6月に、
「おまけとカッターナイフ」と銘打った展示とシンポ
ジウムが開催されました。グリコのおまけデザイナー
宮本順三氏と、折る刃式
カッターの開発普及に携わったオルファ株式会社相談役
岡田三朗氏から学ぼ
うというわけです。学生たちがビジネスアイデアを磨く機会となることが期待され
ています。

                     
index        
 おまけカッターナイフ展←ジャンプ
   ユーチューブ おまけとカッターナイフ展←ジャンプ
 多才なアイデアマン二人←ジャンプ
   ユーチューブ 多才なアイデアマンの二人←ジャンプ
 シンポジウム アイデアの源を探る←ジャンプ
   ユーチューブ 大阪発のビジネスアイデア←ジャンプ

   
              
 おまけカッターナイフ 展
 



おまけとカッターナイフ展示会場  &  大商大商業史博物館

グリコのおまけ関連資料
 6月の中旬から下旬にかけて、大阪商業大学商業史博物館(伊木稔館長)で、「おまけとカッターナイフ」という珍しいタイトルの展示会が開催されました。“おまけ”とは、グリコのおまけのことで、そのデザイナーだった宮本順三氏(1915~2004)を象徴しています。

オルファカッター第一号
 一方、“カッターナイフ”は、折る刃式カッターを考案し世界に広げた兄弟のひとり、岡田三朗氏(1934~)を象徴する言葉。大学では、学生たちに大阪出身の優れた二人のアイデアマンから学んでもらおうと、展示会が持たれました。会場には学生さんや一般の人が見学に訪れています。

    学生たちの見学

 明尾圭造総合経営学部准教授
 会場で、ゼミ4回生の学生と見学に来られていた明尾圭造総合経営学部准教授に伺いました。学生にはまず実物を肌で感じてほしいとのこと。その上で、時代の生活や背景に思いをはせ深く掘り下げ考えてほしいと、学生への期待を語ってもらいました。

     学生さんたちの感想←クリック

<ユーチューブ>
 おまけカッターナイフ展



上に戻る←クリック



 多才なアイデアマンの二人



宮本順三さん

岡田三朗さん

グリコのおまけ

オルファ株式会社の製品群

宮本順三さんの絵 & 岡田三朗さんの絵
 二人のアイデアマンが出会ったのは20世紀から21世紀に変わろうとする頃。宮本順三記念館で出合い意気投合。ズンゾ&サブローのアイデアおもちゃの創作を開始。子ども時代の遊び心を失わないところが共通点。画風・画歴は違えど絵心のあるところも似ています。なんだか、アイデアの湧く秘密を暗示しているようです。

 

<ユーチューブ>
 多才なアイデアマンの二人 

 企画展の期間中、宮本順三さんの長女・樋口須賀子さんと、岡田三朗さんご本人とお会いする機会がありました。樋口さんには父親の順三さんのエピソードを、岡田さんには子どもや学生さんに望むことを、それぞれ語っていただきました。

どーなってる東大阪関連記事

宮本順三記念館未来の夢と道の駅構想←クリック
おまけ文化の会 サブローゴマデザインコンテスト←クリック


上に戻る←クリック


                   
           
 シンポジウム アイデアの源を探る



シンポジウム風景  &   新校舎ユニバーシティ・コモンズre-Act

伊木稔さん
商業史博物館館長

樋口須賀子さん
宮本順三記念館館長

岡田三朗さん
オルファ株式会社相談役

粂野博行さん
大商大総合経営学部教授

 大阪商業大学の新校舎「ユニバーシティ・コモンズre-Act(リアクト)のセミナールームでは、6月17日(土)に、シンポジウムがもたれました。大阪発のアイデアから学ぼうという企画。コーディネーターは、伊木 稔商業史博物館館長。パネリストには経営学の立場から粂野くめの博行総合経営学部教授が加わります。 

画像クリック:拡大
 会場には大学生も多数参加しています。大商大では、第15回ビジネス・アイデアコンテストの応募締切が間近。学生たちは、少しでもヒントを得ようと真剣な面持ちです。応募のあと、第一次の書類審査と第二次の口頭発表審査を経て、10月28日(土)のファイナルプレゼンテーションへ進みます。上位4名は、海外ビジネス研修のチャンスが与えられるとのこと。今回の展示とシンポジウムで、学生たちは何かヒントを見つけられたでしょうか。アイデアは一瞬のひらめきのようですが、それまでのコツコツとした蓄積がものをいいます。
 ビジネス・アイデアコンテストでの学生さんたちの奮闘を祈ります。
  

<ユーチューブ>
大阪発のビジネスアイデアから学ぶ



上に戻る←クリック


ルポ 楢よしき  駒    校正:駒 

 
                                               ↑上に戻る
 ご意見・ご感想をお願いします。 一番下をクリック ↓

トップページに戻る



Copyright donatteruno All right reserved.