今どうなってるの?!東大阪
 東大阪市でおきている様々な事柄で、「どうなっているの?!」を独自に取材。
市政情報、地域の情報を皆様に提供している地域密着型情報配信サイトです。
トップページ ホットなニュース 知っ得 市内情報 わがまち東大阪 鳩まめ瓦版 動画ニュース
 動物 ペット 鳩まめ川柳 東大阪・子ども 元気の素 オススメの店 薬膳四方山話 
鳩まめ自己紹介 生駒山麓風物誌 屋敷林だより イベント情報 東大阪伝承料理 おしゃべりコーナー
 2018年5月7日掲載
                                   
                      
 
端午の節句を迎えました。東大阪市指定文化財の旧河澄家では、端午の節
句展が開催されています。晴天の5月5日の子どもの日、生駒西麓
の日下町
に向かいました。家の正面には大きな吹流しや鯉のぼりが空を泳いでいます。
 端午の節句展のようすとともに、この機会に旧河澄家のことをご紹介します。
 

                   
index
        
 端午の節句 in 旧河澄家←ジャンプ
 旧河澄家住宅とは←ジャンプ
 地域文化拠点に←ジャンプ
ユーチューブで見る 端午の節句に旧河澄家←ジャンプ
            

 
  
端午節句 in 河澄家


旧河澄家住宅に飾られている五月人形


主屋正面の大きな真鯉の鯉のぼり
 5月5日、端午の節句に因んで
「端午の節句展」を見学しました。
 ところは、生駒西麓の
日下(くさ
か)
町にある旧河澄(かわずみ)
 新石切から出る住道・四條畷方
面ゆきのバスに乗り、南日下バス
停から徒歩10分ほど。新緑の生
駒山に向かって気持ちの良いウ
オーキングです。


旧河澄家

邸内に飾られた五月人形


ダンボールの甲冑で記念写真
 ついたところは、大きなお屋
敷です。端午の節句らしく、鯉
のぼりや吹流しが青空に舞って
います。邸内には、立派な五月
人形が飾られていました。
 幼子がお母さんとやって来て
ダンボールの甲冑
(かっちゅう)
姿で記念写真を撮ってもらって
いました。

 子どもの日らしい光景です。


棲鶴楼(せいかくろう)の鎧兜(よろいかぶと)


沢瀉紋(おもだかもん)の兜
 河澄家に先祖代々伝わってき
た甲冑が特別に展示されてい
ます。本物の迫力が伝わってき
ます。
 この端午の節句展では、節句
の由来や、鯉のぼり・五月人形
の歴史が解説されています。
 “目からうろこ”の内容にはび
っくりさせられました。
 今年は5月6日で展示は終了ですが、毎年この時期に企画展が
開催されます。子どもさんの鯉のぼり作りやコンサートもあると
のこと。来年お出かけください。ところで、この旧河澄家とはど
のようなところかを、この機会にご紹介したいと思います。



 
上に戻る←クリック




河澄家とは?!    
 


旧河澄家住宅 正面  西側


 河澄家の祖は、南北朝時代の
下連
(くさかのむらじ)・河澄与市大戸
清正
(かわずみよいちおおへきよまさ)にさ
かのぼるといわれます。江戸時代
には代々庄屋をつとめた旧家です。
 先年、家屋・調度が東大阪市に
寄贈され、平成21年に保存修理
工事が完了。平成23年から一般
公開が始まりました。


案内いただいた堀木昌彦さん
 指定菅理者、株式会社アスウェ
の旧河澄家統括責任者の
堀木昌彦学芸員
に伺いました。
 敷地中央の主屋は、江戸時代
初期の建物。その西側に奥座敷
棲鶴楼(せいかくろう)があり、枯山
水の庭を眺めることができます。


立派な正面玄関
 ここで、文人墨客を集めて花
合わせや観月に興じました。
 正面玄関は、身分の高い人を
迎えるつくりになっています。
 
柱や梁(はり)の見事さに目を
見張りますが、堀木さんによれ
ば、大黒柱は江戸時代からのも
のだそうです。



黒光りする見事な梁

台所のかまど
 台所には大きなかまどがあり
ます。一時に大勢の人の胃袋
をまかなうことができそうです。
 往時のにぎやかな光景が目に
浮かんできます。邸内には昔の
調度品も展示されていて、豪農
の暮らしぶりがしのばれます。

日下のかや
 庭には、巨木が二本植わっています。一本
はイチョウの木、もう一本はカヤの木。
 どちらも、堂々とした風格です。
 カヤは、
日下のかやとして、東大阪市の天
然記念物に指定されているようです。
 堀木さんは、ここは、地域の歴史と文化を
肌で感じとれる
貴重な場所と指摘します。
 ただし、保存という仕事だけでなく、ここ
を生かした、新たな
地域の文化拠点にした
いと話されます。どういうことでしょうか?
 

上に戻る←クリック

  

地域文化拠点    


端午の節句展  コンサート風景 (旧河澄家ツイッターより)



桃の節句展 お茶会風景(旧河澄家ツイッターより)
  旧河澄家では、季節ごとに
画展
が開催されています。今回
の端午の節句展もその一つ。3
月には桃の節句展がおこなわれ
ました。そのほか、展示、イベン
ト会場、講座、教室としても活用
されています。

月例デザイン書道教室(旧河澄家ツイッターより)

端午の節句展 鯉のぼり作り(旧河澄家ツイッターより)
 旧河澄家を管理運営するアス
ウェルは、定期刊行物
「かわず
み家」
を発刊しています。
 そこには、企画展や各種イベ
ントの説明とともに、地域の歴
史をひもとける内容が載せられ
ています。地域文化の拠点とし
て発展させたいという思いが伝
わってきます。

奥座敷を借りてコスプレ撮影会


撮影会の楽しい雰囲気
 取材のこの日、コスプレの撮影
会に遭遇しました。彼女達は、奥
座敷を時間借りして着替え、撮影
に臨んでいます。若い人はいい
なあと思いながら、こんな使い方
もできるのだ、と感心しました。
 ここは、
日下・石切史跡周遊コ
ース
にある絶好のロケーション。
その折りは是非立ち寄って下さい。


ユーチューブ 旧河澄家 端午の節句に訪問

お店データ
地図
         

 東大阪市指定文化財   
      旧河澄家住宅
所在地 〒579-8003
東大阪市日下町7丁目6-39
電話 072-984-1640
FAX  同上
開館 9:30~16:30
休館日:月曜(祝日の場合翌日)
     祝日の翌日
     12月29日~1月3日
見学 無料 
貸室 畳一畳あたり20円/時
駐車 5台無料 連絡とるとスムーズに
E・mail mail@kyu-kawazumike.jp
website http//www.kyu-kawazumike.jp
その他 お気軽にお問い合わせ下さい
  

上に戻る←クリック

mail@kyu-kawazumike.jp

http://www.kyu-kawazumike.jp
 
 取材 楢よしき  校正:駒
 

 
                                               ↑上に戻る
 ご意見・ご感想をお願いします。 一番下をクリック ↓

トップページに戻る



Copyright donatteruno All right reserved.