今どうなってるの?!東大阪
 東大阪市でおきている様々な事柄で、「どうなっているの?!」を独自に取材。
市政情報、地域の情報を皆様に提供している地域密着型情報配信サイトです。
トップページ ホットなニュース 知っ得 市政情報 ふるさと東大阪 ほのぼのいい話 動画ニュース
元気の素 オススメの店 ふれあい掲示板 
ふるさと東大阪2009年11月15日掲載









 『カーシェアリング』って知ってますか?現在、注目を浴びている車の共同利用のシステムです。東大阪でも、このサービスが始まっていますが、知る人はまだ少数派。そこで、「どーなってるの?」と、調べてみました。※マウスポインターで一部写真が変化します。

進んでいる海外事情
“Car sharing” シェアリングとは、分かち合う、共有するという意味。登録している人々が自動車を共同で利用する新しいスタイルです。
 

 雪で渋滞のベルン郊外の高速道路 (Swissinfo.chより)
▼このシステムは、スイスで始まりました。国土が狭く、道幅が細いのに車が急増。1970年代に深刻な交通渋滞がおこり、大規模な車両規制がおこなわれました。
▼このため、住民たちは、市街地で車がもてなくなり、郊外で自動車の共同利用が草の根で始まったと言われています。


▼現在は、個人的取組みのワクを越え、システムを提供するサービスが、世界の20ヵ国ほどに広がり、日本でも、いくつかの企業が営業を開始しています。

▼東大阪でカーシェアリングサービスを展開する企業の説明会をのぞいてみました。
▼全国展開中の『Windcar(ウインドカー)株式会社』とチェーン契約を結び、『Windcar大阪東』を立ち上げた、野口自動車の野口勝久社長が説明します。                        
                        

節約志向の庶民の味方

          カーステーションに置かれた車
▼マイカーの場合、自動車の購入費はもちろん、保険、税金、車検などの維持費がかかります。駐車場を借りている人はなおさらです。
▼子どもの送り迎えや、スーパーに買い出しにいったりする“ちょい乗り”なら、必要な時だけ料金を払うシェアリングの方法は、お得といいます。

▼利用の一単位時間は15分で、サンダル履きの感覚のようです。


▼車は、市内11ヵ所のカーステーションに置いています。     (今年の11月現在) 

▼会員の拡大で、さらにステーションを増やし、より近くで利用出来るようにしたいといいます。

▼ゆくゆくは、車種も増やしたいそうです。

  ※右の地図はクリックで拡大します。

ITの利用で便利に使える
 
 
▼ITの活用で、営業所に出向く必要はありません。パソコンや携帯電話のインターネットから利用状況をしらべて予約ができます。(上の写真) もちろん、電話でも問合せと予約が可能です。
 
▼車には、通信システムが搭載され、複雑な料金計算も自動化されています。

▼登録会員は、カードを車の読み取り部分にかざすとロックが解除される仕組みになっています。


                   



     説明するウインドカー部門の堀内研一所長
      と、菱江1丁目にある営業所

 システムは完備

▼説明会に参加した人たちから、以下の質問が寄せられていました。
事故や故障のときは?」
「ガソリンの給油は?」
「予約の変更は?」
「ETC対応か?」

「ペットや喫煙は?」
▼それらに対する説明は的確で、運用システムは、すでに完成しているようです。
▼野口自動車の整備部門の『アップル東大阪』が、うしろに控えているのが技術面、安全面での強みといいます。


▼このシステムを使うことで、利用者のコスト意識が高まり、無駄な車の利用を控える傾向があるとか。これは、個々の家庭の節約にとどまらず、環境を守る上でも効果が期待できそうです。

        <取材を終えて>

『サンデードライバー』といわれる人々の中には、バッテリーを上げないために運転するという、笑えない話があります。この不況の時代、“しっかり計算”の大阪人の特技を発揮したいものです。
▼レンタカーとの違いはいくつかありますが、話を聞いて興味が湧いたのは、利用者から、「車洗っといたよ」という声がかかったというくだり。営業所が常時管理をしているわけですから、利用者が洗車する必要はないし、汚れていれば苦情をいえばすむわけです。このエピソードから、レンタカーにはない、使用する車への愛着が生まれていることがうかがえます。また、次に使う人への温かい配慮がみられるともいいます。“わたしたちの車”という新しい文化が生まれているのかもしれません。
▼パリ市では、行政主導で2010年末までに、1400ヵ所のステーションを設け、約4000台の電気自動車を配置して市民が利用できるカーシェア計画をすすめているそうです。

▼私たち東大阪では、すぐにそこまでいかなくても、企業サービスを活用できるシステムの条件は整ってきています。あとは、市民が選択できる情報が必要なようです。
                  参考:http://windcar.jp/
               Windcar大阪東 072-960-0562


                                              レポート:岡部&楢
                          
トップページに戻る


ご意見・ご感想はふれあい掲示板まで

Copyright donatteruno All right reserved.