今どうなってるの?!東大阪
 東大阪市でおきている様々な事柄で、「どうなっているの?!」を独自に取材。
市政情報、地域の情報を皆様に提供している地域密着型情報配信サイトです。
トップページ ホットなニュース 知っ得 市政情報 ふるさと東大阪 ほのぼのいい話 動画ニュース
元気の素 オススメの店 ふれあい掲示板
2007年7月10日掲載




街の花守りをたずねて
ランタナ
オレンジ色のランタナ

寺嶋公園に花いっぱいは、なぜ?


 JA学研線の鴻池新田駅の南、徒歩5分にある
寺嶋公園。街中にある中規模の公園で、向かいには市の中鴻池リージョンセンターも。
 今、バス通りに面してタチアオイのピンク色の花が風に揺れ、オレンジ色のランタナの花が咲き誇っています。
こんもりと茂った林の周りには、アジサイ、菊の仲間で黄色のルドベキア、青いアガパンサスなどの花が・・・。

 花が乏しいといわれる東大阪の居住地公園の中で、いつも花いっぱいの寺嶋公園。
いったいどうしてなのでしょう。公園の中に「公園愛護会」の看板があったので、それを手がかりに
たずねてみました。
 平成7年から愛護会の代表は、スナック経営の福谷和子さん。
会の活動が始まるまでは「色のない公園」だったといいます。今、会には十数人のボランティアが集まり、
近くの工場の社員さんなど、たくさんの人が協力。苗はさし木で増やすなどの工夫をはじめ、
ほかで伐採した木を利用して手作りの腰掛けをつくったりして市民がくつろげるようにしています。
「市から援助があり、やりくりしているが資金面は大変」と、苦労の一面も聞きました。
愛護会はこの活動だけでなく、公園やリージョンセンターでの催しのとき、自転車の整理などの
ボランティアもかって出ています。
 

 さらに、福谷さんは、秋には市と共同で清掃作戦をしたいと語ります。
取材中も、木陰で囲碁をする人たちや、ジョギングする人など人影が絶えません。
寺嶋公園が近くの市民の散歩や憩いの場となっているのは、愛護会やまわりの市民のこういう
活動があってのことだと強く感じました。
 東大阪市のほかの公園でもこういう地道な活動が行われているところがあるかもしれません。
街の中でこのような「ぬくもりのある公園」が存在することに、深いやすらぎをおぼえました。
                                                       
                                                      



▼バス道路に面した歩道にも、タチアオイが。公園に今花盛りなのは、深紅のカンナ、赤紫のブッドレア、白い葉が印象的なコンロンカなどがある。



ガクアジサイ
              ガクアジサイ
タチアオイ
タチアオイ



○ラグビー場の噴水広場にも、端正に手入れされた「花園」が?!



 東花園駅の北徒歩5分にある、全国的に有名な「花園ラグビー場」。その前の噴水広場にバラと紫陽花が咲き競う花壇がありました。
手入れが行き届いた花壇です。ちょうど花の世話をされている
奥村務さんと、その友達の阪田昭子さんに話を伺いました。

花園ラグビー場
花園ラグビー場
 
 
 奥村さんがボランティアでこの花壇の世話を始められ
たのは、4年前から。奥村さんは菊づくりのプロで、
淡路島や近くの玉串で鳴らした腕が生かされています。
「一年中、花を切らさないようにしています。」と奥村さん。
毎日通っての手入れは、まさに、丹精こめるという言葉
がふさわしい。
 阪田さんは、どちらかというと寡黙な奥村さんに代わっ
て「ラガーマンはこの花壇の花で心を癒されています。」
と解説してくれます。

その阪田さんも40年以上この公園を愛し、「ラグビーおばさん」のニックネームもつくほどに。
今は、同じ敷地内にある市民美術センターのボランティアの活動をしています。シルバーエイジの
二人には花づくりを通じて培った友情が深いように思われます。
黙々と花の世話を続けるささえがあって、全国のラガーマンやラグビーファンの心に、
花園ラグビー場の「花園」が強く印象に残ることでしょう。
                                                       楢 よしき
  



   見事なバラ  
              見事なバラ                         市民の花キキョウが美しい





                                                    トップページに戻る




ご意見・ご感想はふれあい掲示板まで

Copyright donatteruno All right reserved.