今どうなってるの?!東大阪
 東大阪市でおきている様々な事柄で、「どうなっているの?!」を独自に取材。
市政情報、地域の情報を皆様に提供している地域密着型情報配信サイトです。
トップページ ホットなニュース 知っ得 市政情報 ふるさと東大阪 ほのぼのいい話 動画ニュース
元気の素 オススメの店 ふれあい掲示板
ほのぼのいい話2009年8月5日掲載









 8月1日(土)、永和駅前の鴨高田(かもたかだ)神社で、恒例の『緑陰(りょくいん)工作教室』が行われた。主催は、東大阪コミュニティニュースの会(『ふれあい東大阪』)。ボランティアで協力するのは10団体を超える。神社の境内を借りて行われ、すてきな夏休みのプレゼントとなった。子どもたちの表情を、カメラで追った。

 境内には、テントが立ち並び、木陰にもシートが敷かれている。子どもたちは、思い思いのところで手作りを体験する。
    『どこにしようかな・・・』  『ちょっとぼくにも見せてよ!』
 お姉ちゃんは、初めての“キリ”に挑戦。なかなかうまく回りません。

それを見ている妹は、『いいな〜、お姉ちゃんは。私もやりたいな・・・』
 と、おもわず手が動いてしまいます。
 『かなづちが、ぼくのいうこと聞かんな〜』  『なんで、こーなるの?』
子どもたちが真剣に取り組むその姿は、いとおしく、尊いものに感じられる。

 おっちゃんの手元を見つめ、おっちゃんの顔を見つめる目。

『なんでそんなことできるの?』
『おっちゃん、すごいな〜!』と、驚きと感嘆の表情が・・・。
 ほら、こうしたらできるんやで!おばちゃんに手を貸してもらい、安心の笑顔が・・・。おだやかな時間が流れます。
お家の人といっしょ。
友だちといっしょ。
ここで出会った人といっしょ。

みんなで遊べば楽しいな!



 はじめて会った、おっちゃん、おばちゃんとも話ができました。こんなことは、めったにありません。

 きょう、鴨高田神社の境内は、
人と人をつなぐ、やさしい空間になっていました。
子どもたちに夏休みの素敵なプレゼントをしてくれた人たちを紹介します。 
                                         (カッコ内は代表等 敬称略)

かざ車の会(小林弘)、生駒ネイチャークラフトクラブ(吉岡一成)、リサイクル友の会(東良節子)、東大阪ボーイスカウト協議会(中西康人)、同ガールスカウト連絡協議会(喜多美佐江・江口美恵子)、おもちゃの病院(玉山茂夫)、切り絵創作家(大東 守)、折り紙創作家(坂上慧ミ子)、消えないシャボン玉(内本秀子)、かるたコーナー(青年会議所)ふれあい東大阪手づくりコーナー(谷 忠夫) 順不同
   
  忙しいところ、お話を聞かせてもらいました。 みなさま、ありがとうございました。大変でしょうが、子どもたちのために これからも続けてあげてください。

                                             レポート:(なら)



トップページに戻る   
  


ご意見・ご感想はふれあい掲示板まで

Copyright donatteruno All right reserved.