今どうなってるの?!東大阪
 東大阪市でおきている様々な事柄で、「どうなっているの?!」を独自に取材。
市政情報、地域の情報を皆様に提供している地域密着型情報配信サイトです。
トップページ ホットなニュース 知っ得 市政情報 ふるさと東大阪 ほのぼのいい話 動画ニュース
元気の素 オススメの店 おしゃべりコーナー
2012年11月20日掲載





 
 来年、米寿を迎える綱谷義久さん(下小阪在住)は、元プロのアコーディオン演奏の技を活かし、大阪の各地で「うたごえ喫茶」などのボランティア活動をすすめています。



“グリーンガーデンひらおか”での 「うたごえ喫茶」の風景


元気いっぱいの綱谷さん
   みんなで歌う喜びを
 
 来年米寿を迎える
綱谷義久(なたに・よしひさ)さん。今も旺盛に演奏活動を続けます。東大阪をはじめ、府下各地の公共会場、福祉施設、病院などで催される「うたごえ喫茶」で、アコーディオン演奏をおこないます。綱谷さんの曲はみんなの心を癒します。
 綱谷さんは元プロ。歌手の田端義夫さんのバックを務め、関西圏でキャンペーンの流しに同行しました。ディック・ミネ、春日八郎、淡谷のり子のバンドボーイとして活躍した時期もある綱谷さんです。

    奇跡の復活

 長年、ボランテア活動を続ける綱谷さんに病魔が襲います。2010年(H22)のことです。急性心筋梗塞の手術は10時間にも及びました。その後、苦しいリハビリを乗り越え、「うたごえ喫茶」の活動を再開しました。その直後の東日本大震災に衝撃をうけ、東北チャリティーにも意欲を燃やします。

  グリーンガーデンひらおか & ボーカル寺本晴美さん
  
動画で、綱谷さんの「うたごえ喫茶」の様子をご覧下さい。


<動画> 綱谷さんの 「うたごえ喫茶」 グリーンガーデンひらおか & 又平食堂


綱谷さんの歩み


     布施駅前 網代笠のモニュメント
     布施・足代で育つ

 布施・足代村の鉄工所経営者の息子として生まれた綱谷さん。小学6年生の時の「メロンの思い出」があります。“ええしの友だちの家”にいったとき、おやつに出されたメロンの味にカルチャーショックを受けます。小学校の先生に希望の職業を問われたとき、「メロンをいっぱい食べられる人になりたい」と答えました。「正直はいいけど、勉強がなあ・・」と、先生は大笑いされたそうです。

 戦後、アコーディオンとの出会い

 戦争がはじまり、旧制中学卒業と同時に鹿児島の陸軍航空隊へ、兄は「戦艦大和」に随行した駆逐艦で戦死。戦後に青年期を迎えた綱谷さん。青年団の副団長を務めましたが、そのころの自分を“ドラ息子”と表現します。

  綱谷さんが乗り回したハーレーのミニチュア


     60年前に手に入れたアコーディオン
 ピアノ、バイオリンをたしなむ音楽好きでしたが、アコーディオンと巡りあったのがこのころです。音が切れない魅力に惹かれました。親父さんの金をごまかし、超高価なアコーディオンを手にいれました。お父さんは、わかっていても、何も言わなかったそうです。綱谷さんの人生の伴侶となるアコーディオンです。

 独学でアコーディオンの技を習得し、若い頃は、歌手のバックやバンドボーイとして活動します。その後、ラウンジの経営などに苦労します。しかし、アコーディオンへの情熱は失いませんでした。

    ボランティアの道淡々と

 そんな綱谷さんに大きな試練がやって来ます。
阪神大震災(1995・1・17)で、二度目の奥さんの神戸の実家が被災します。その心労がたたり、まもなく奥さんは亡くなります。
   
 東日本大震災の被災者へ思いを馳せるのは、亡き奥さんへの想いが重なるからでしょう。しかし、当時の綱谷さんにそんな心の余裕はありません。「茫然自失」の状態だったようです。
 その危機を救ったのが、福祉関係者からのアコーディオン演奏の依頼でした。“自分のアコーディオンが必要とされている”と、改めて実感し、力が湧いてきたそうです。
        自宅でアコーディオンを奏でる
                         
        感謝の日々


        プレゼントされた胸当てを喜ぶ
 二年前の大病の時、命を救ってくれた兵庫医科大の宮本先生・福永先生や、日々の健康管理を担当する八戸ノ里病院の丸山先生への感謝の言葉が、綱谷さんの口癖。
 近所の人々が「先生、先生」と、声をかけ、気遣ってくれることや、介護ヘルパーさんの親身の仕事にも感謝の日々です。
   
近所の人とも「懐メロ」で交流

 毎月一回、近くの食事処「又平食堂」で、綱谷さんはアコディオン演奏をおこないます。
 近所の人々が寄り集まってきて、食事をとりながら
懐メロを楽しみます。綱谷さんにとっても待ち遠しい日です。たくさんの人々に支えられて綱谷さんの“歌声で心をつなぐ演奏活動”が続きます。

  又平食堂の女将さんの橋詰さん、若女将の溝田さんと

   取材を終えて

 綱谷さんの部屋には、市長からの感謝状が掛けられていた。綱谷さんが巾広い活動をされている証だ。20日にうかがったときも、「明日は石切参道での活動がある」と、おっしゃっていた。
 健康に留意されて、みんなを楽しませ、励ます活動を続けていただきたい。
 
 
   ルポ:F・村上 & 楢よしき

※本記事中の画像の無断転載、二次使用はご遠慮ください。
トップページに戻る


ご意見・ご感想はふれあい掲示板まで


Copyright donatteruno All right reserved.