今どうなってるの?!東大阪
 東大阪市でおきている様々な事柄で、「どうなっているの?!」を独自に取材。
市政情報、地域の情報を皆様に提供している地域密着型情報配信サイトです。
トップページ ホットなニュース 知っ得 市内情報 ふるさと東大阪 ほのぼのいい話 動画ニュース
元気の素 オススメの店 ふれあい掲示板
東大阪 オススメの店2008年2月7日掲載




 バレンタインチョコがいっぱい!

内に入って、目に飛び込んできたのがチョコの山。大小さまざまなチョコレートがテーブルの上に豪華に並んでいる。
2月14日のバレンタインデーを前にした品揃え。

驚いたことに、そのどれもが、この店のオリジナル。ちょっとつまみたくなるような可愛い「トリュフ」(21種)から、芸術品かと見まがうものまで多種多様。見ているだけでも嬉しくなる。

ここは、JR鴻池新田駅前の「カフェ・チェルシー」。店の外観も内装もこだわりの店だ。


えてくれたのが、オーナーの村ア日佐子さん。柔らかい物腰と語り口に、つい旧知の感覚に。

内部は広々としていて、ゆったり寛げる。
額の絵は、「ヒロ・ヤマガタ」。世に出る前からのファンという日佐子さんは、ときどき絵を差し換え、お客さんに楽しんでもらっているという。

店内には、お客さんから送られた手作りリースや、ミニチュアのスイーツハウスも飾られていて、みんなに愛されている店ならではのエピソード。


の店の品揃いが豊富なのは、スイーツ工房が後ろ盾になっているから。「カルテ・ド・セゾン」は、地元でも知られたスイーツ工房。そのオーナーパティシエが、日佐子さんのご主人の睦雄さん。もともと、ものづくりが大好きで、若い頃、自動車を作ろうと三菱重工へ。しかし、部分的な仕事に満足できず、一から自分で創作できるパティシエの世界に飛び込む。競争の激しい東京で修行して腕をあげたという。「日々、創ることに喜びを見い出している」とは日佐子さんの弁。
店内で食べるのもよし、お持ち帰りもよしだ。

また、店内では食事も楽しめる。日替わりパスタ・ピッツア・ドリアなどの軽食や、ランチが用意されている。アフタヌーンティーセット(2名より)は、スイーツ大好き人間にはオススメ。(14:00〜17:00)
      ガトー・バレンタイン    ¥2520

本命チョコには最適かも。

チョコレート生地に、アーモンド風味のガーナッシュをサンド。繊細なチョコレートの花びらが美しい。
プレゼントして、一緒に食べると、一層雰囲気が盛り上がりそう。
       パリジャン         ¥168

お手ごろ価格のシュークリーム。

家族や、気の置けない友人と、ちょっとしたティータイムに最適。
週末限定の特製パリジャンは、126円とさらにお手ごろ値段になり、大人気だという。
  イチゴタルト          ¥3150

イチゴたっぷり、みずみずしい感じのタルト。

イチゴは厳選されていて、甘さは定評がある。大人の誕生日や、ホームパーティーに花を添えること請け合い。
       アップルパイ        ¥240

ボリューム感のあるアップルパイ。

今までにない存在感を感じさせるアップルパイ。
いかにもおいしそうなパイ生地の色艶だ。
 ロールケーキ       各¥1000

右が、「葉酸たまごのロールケーキ」。京都の契約業者から直送のたまごでつくられている。女性に特に必要なビタミンである“葉酸”を多く含んでいる。

左が、「コンコルド」。中には、栗が入っていて、外は、シュークリームの皮で巻いてある。いつものロールケーキと違った食感が楽しめる。


贅沢な広い空間に、お洒落な室内は、ライブや楽しい集いにぴったりだ。

25人以上だと、貸切料や席料は一切取らず、受け入れてくれるからありがたい。先日も、アコ・タイラさんのジャズライブがあったばかりという。仲間内のコンサートや発表会、ライブ会場にと利用は広がっている。これからの文化スポットとしても発展しそう。
写真は「2008鴻池ジャズストリート」での椿亜稀さんたちのジャズライブ風景
お店データ


<カフェ・チェルシー>
営業時間 11:00〜22:00
定休日   月曜日(祝日のときは火曜日)
住 所   東大阪市鴻池元町3−23
TEL/FAX 06−6744−0234

<カルテ・ド・セゾン>
営業時間 10:00〜20:00
定休日   水曜日
住 所   東大阪市三島367−5
TEL/FAX 06−6744−6541
誕生日・結婚・クリスマス等のオーダーに対応。
地方発送あり。
地図


クリックして拡大



オススメMAPに戻る



ご意見・ご感想はふれあい掲示板まで

Copyright donatteruno All right reserved.