今どうなってるの?!東大阪
 東大阪市でおきている様々な事柄で、「どうなっているの?!」を独自に取材。
市政情報、地域の情報を皆様に提供している地域密着型情報配信サイトです。
トップページ ホットなニュース 知っ得 市内情報 ふるさと東大阪 鳩まめ瓦版(かわらばん) 動画ニュース
元気の素 オススメの店 おしゃべりコーナー 

ふるさと東大阪2010年11月1日掲載
2015年1月29日一部加筆




 1月27日(火)考古学者で奈良大学名誉教授の水野正好さんが逝去されました。
考古学の発展に大きな貢献をされるとともに、私たち歴史の素人にもわかりやすく解説してくださいました。生駒西麓に愛着をもち、住まっておられた水野正好様のご逝去に、謹んで深い哀悼の意を表します。     鳩まめ倶楽部一同
 石切にある“めっけもん もうけもん まいど!東大阪”がオープン1周年を迎え、これを記念して、1010()、水野正好さんの歴史講座が千手寺光堂会館で開催されました。 ①水野正好さんについて
②石切に住まうわけ
③日想観の世界に魅かれ
④日想観の寺 『往生院』
⑤千手寺も光と深い関係

⑥水野さんは東奔西走!

 水野正好(まさよし)さんについて


          講演する水野正好さん
 大阪府文化財センター理事長の水野正好さんは、1934年大阪生まれ、大阪学芸大学卒業後、滋賀県・大阪府の教育委員会、文化庁調査官などを歴任。1979年奈良大学に着任、文学部長を経て奈良大学学長を2期6年務め、現在は同大学の名誉教授です。  
 水野さんは日本の考古学研究・宗教考古学の第一人者。考古学の裾野を広げるため、研究の合間を見つけては、歴史に関心のある人々に楽しくわかりやすい講演をされています。
    主催者側あいさつ&講演風景


② 石切に住まうわけ・・・

 体調を崩し、文化庁を惜しまれながら退官。奈良大学に赴任するため関西に戻られた水野さん。先ず最初の仕事は家探しでした。居宅を構えられたのは東大阪の石切。ホテルセイリュウの背後の一段高い場所です。この地は、青年時代、山畑古墳群を発掘したり、考古学を志す仲間と論議した思い出の場所です。

 講演で水野さんは、生駒の山から見た2万年前の光景を説明されました。西側には瀬戸内海はありません。陸地が広がっていて、『瀬戸川』が流れ、ナウマン象やオオツノジカが棲んでいたそうです。また、それとは対照的に、7千年ほど前は、山すそまで海が迫り、マッコウクジラがゆうゆうと泳いでいたと、ユーモアを交えて話されました。
      大阪市立自然史博物館の標本
  
 水野さんが河内平野が見渡せる土地に居を求めたのは、こういう悠久の
歴史に思いを馳せられるからでは・・・と、思えてきます。

③ 日想観(にっそうかん)の世界に魅かれ

 

 浄土曼荼羅(まんだら)の研究についての話を聴くうち、水野さんを生駒西麓に引き寄せたもう一つの理由がわかってきました。文化庁勤務の激務と心労の日々に、西方浄土に極楽往生を願う
『日想観』の世界に心動かされるものがあったそうです。

  極楽を示す智光曼荼羅(元興寺ホームページ)   
&説明文
 仏典の『観無量寿経(かんむりょうじゅきょう)』には、極楽往生するための十六種類の想観(思い描き、心に念じる)が示されています。その第一が日想観です。その方法とは、太陽が西の空に沈みゆく映像を目の中にしっかりと焼き付け、極楽を心に思い描くことでした。
 研究を通して日想観の世界に身を置きたいと願うようになった水野さんにとって、生駒西麓は、住むに最もふさわしい土地でした。

 

   クリック→ 
「説明文の拡大
             
         日想観の寺 『往生院(おうじょういん)

 

 水野さんが奈良大学に赴任してすぐとられた行動は、山麓中腹の往生院遺跡を訪ねることでした。その現場で、夕陽の素晴らしさを体感されたようです。
 この場所は、師と仰ぐ故・藤澤一夫さん
(四天王寺国際仏教大学名誉教授)からたびたび聞かされていた日想観の聖地でした。


現在の往生院六万寺から眺めた夕日  副住職 川口英俊さん撮影  



     日想観の聖地の四天王寺西門
 聖徳太子の建立と伝えられる四天王寺。その西門は、海に沈む夕陽を拝んで極楽往生を願う『日想観』の聖地として、多くの信者が集まりました。
 

  一方、安助
(あんじょ)上人が生駒山西側に建立した往生院は、その四天王寺の真東に当たります。
  

  彼岸の中日に、往生院の位置からから見て、ちょうど四天王寺の五重塔に夕陽が沈みます。このことから、極楽往生を願う天皇から庶民までの信仰を集め、当時の往生院は大いに栄えたそうです。水野さんの話では、現在の往生院六万寺から見ても、やはり夕陽は四天王寺の方角に沈むそうです。

 
⑤ 千手寺(せんじゅうじ)も、光と深いつながり


      千手寺住職 木下密雲さん
 会場となった千手寺は、役行者(えんのぎょうじゃ)弘法大師(こうぼうだいし)惟喬親王(これたかしんのう)在原業平(ありわらのなりひら)など、名高い人物にゆかりのある寺院です。本堂を昔から『光堂(ひかりどう)』と呼んできました。
 水野さんによれば、生駒山西麓には、光の字を冠する『光の寺』が多く、千手寺もその一つです。

 講演のあと、千手寺境内の古墳などを見学。大阪府指定文化財『千手観音立像』をまつる本堂で、木下密雲住職の説明を聴かせてもらいました。
  
⑥ 水野さんは東奔西走の毎日!

 相も変わらず研究に講演にと、各地を飛び回わり活躍中の水野さん。
 
  10月中旬には、お隣の韓国に渡り、三宝の寺々をめぐるツアーの講師を務めておられます。
 生駒山から見える夕陽が水野さんの元気の素になっているのでしょうか・・・?

 そのエネルギッシュな活動ぶりに脱帽します!

        レポート:駒&楢

         韓国の大加耶博物館での水野さん


 参考文献
 『河内文化のおもちゃ箱』 水野正好監修 河内の郷土文化サークルセンター編集  
                                                批評社

      
       『生駒山ー歴史・文化・自然にふれるー』   生駒山系歴史文化研究会著 
                                財団法人大阪府みどり公社編   
                                           ナカニシヤ出版

       

 ご意見・ご感想をお願いします。 下をクリック ↓

トップページに戻る




Copyright donatteruno All right reserved.