今どうなってるの?!東大阪
 東大阪市でおきている様々な事柄で、「どうなっているの?!」を独自に取材。
市政情報、地域の情報を皆様に提供している地域密着型情報配信サイトです。
トップページ ホットなニュース 知っ得 市内情報 ふるさと東大阪 鳩まめ瓦版 動画ニュース
元気の素 オススメの店 おしゃべりコーナー 

ふるさと東大阪2012年7月31日掲載
2012年9月21日改訂





 今年の2月、東石切町に古民家を再生したギャラリーがオープンしました。石切神社参道のすぐ近くです。のぞいてみることにしました。    動画でライブの様子を紹介しています。


生駒山麓・音川のほとり



 北川小路の地蔵堂&石切ビレッジ母屋
 近鉄石切駅から参道商店街の一つ手前の坂を下って5分。(ずし)越えの道のかたわらに建つ「北川小路の地蔵堂」が見えます。左手に見えるのが今回紹介する藤井家の白壁です。
 
※辻子谷の音川の流れに沿って生駒山を越え、宝山寺にいたる旧街道。

 立派な長屋門を入ると、打ち水で涼しくなった玄関で、たぬきとうさぎが出迎えてくれました。今日は、母屋のギャラリーで、「うちわと青白磁の器展」が開かれているようです。まずはその様子をウオッチング!
うさぎとたぬきがお出迎え

母屋(おもや)は築260年



黒光りの梁や柱
 
風流な絵団扇 & ファッション小物
 屋内に入ると、黒光りする太い柱がまず目に入ります。どっしりとしていて、落ち着いた空間。心から安らげる雰囲気が漂います。

 ここに置かれた展示の小物たちは、ところを得て、まるで故郷にでもかえってきたかのように、生き生きとした表情を見せています。
           展示物のいろいろ


       現代風に改修されたダイニングキッチン
 ギャラリー内は、純和風ばかりでなく、ダイニングキッチンにはテーブルがあり、カナダ製の暖炉が置かれていたりと、現代的な改修がなされ、古民家での新しい生活を提案しています。
 すでに何人かの訪問客がおられて、おしゃべりしたり、展示物をみたりしています。 
 そこに、家主の
藤井友位(とものり)さんがおられたのでギャラリーの話を伺うことにしました。

 洒落た金魚鉢 & 置物

建物を後世に残したい


           藤井友位さん
 この家で育った藤井さんは、子どものころ、「家の柱は黒いもの」と思っていたといいます。前を流れる音川では、洗濯や野菜洗いなどの日常風景がありました。成人して東京でコンピューター関連の仕事をしていましたが、個人で日本民家再生協会に参加していました。東京で暮らしていても、古民家の実家のことが藤井さんの頭から離れなかったようです。大阪に帰ってきて、お母さんと一緒に住むようになってから、「自分たちだけでこの建物は守れない」と痛感しました。二人で広い敷地と建物を管理するのは体力的にも限界があります。

 何か解決の糸口を見つけたいと、古民家再生工事の現場に出かけました。そこで、強い味方と出会うことになります。その人とは、古民家再生を手がける「輝(てる)建設」原公輝(こはら・よしてる)社長です。
        調度の説明をする藤井さん



   輝建設代表取締役・一級建築士 小原公輝さん
 小原さんは、NPO日本民家再生協会(JMRA)の近畿地区の事務局を任され、国交省の補助事業の一員として、各地の民家の調査に携わっています。
 ※「伝統的構法の設計作成及び性能検査実験検討会」の中の「構法、歴史部会」
 
 藤井さんは、小原さんと意気投合し、屋敷を輝建設に貸し、改修を任せることにしました。
不動産信託による古民家再生事業プランを取り入れ、不動産信託会社を間に立てての契約です。こうして、ギャラリー機能を併せもつ輝建設の事務所「石切ヴィレッジ」が誕生することになりました。開設に踏み切った心境を、当の小原社長にうかがうことにしました。


「石切ヴィレッジ」の開設


 小原さんは、日曜日の事務所で一人仕事をされていました。事務所まで移された理由をたずねると。
 「決心のいることでした。でも、ビルの一室で古民家改修の話をするより、この場所の方が説得力があると思いました。それに、古民家再生の実際を見ていただけるメリットもあります」と、理由を話していただきました。
      戦後すぐのプレハブを改修した事務所で


   日本全国の古民家実地調査の資料がたくさん
 さらに、ギャラリー開設についてもたずねると、「古民家を、だだ再生保存するのでなく、活かして利用するという点で、ギャラリー開設は、多くの方々に古民家に親しんでいただく機会になると考えます」との説明です。最後に、「東大阪の一企業として、みなさんと親交を深めていきたい」と、抱負を述べられました。

          

 この小原社長の「石切ヴィレッジ」開設の決断について、藤井さんは、「地元活性化の点で大歓迎でした」と語ります。
 
 

さまざまな年代の建物


邸内の建物など
 敷地内には、江戸中期の河内農家の母屋を始め、大正時代の「離れ」などが建っています。今回、これらを再生・活用にいたるいきさつを、藤井さん、小原さんのお二人に聞くことができました。東大阪の貴重な遺産を一つ守ることができたことは幸いです。東大阪には、まだまだ多くの古民家が残っていますが、個人の力には限界があります。古民家を保存したり、現代に蘇らせたりする仕事は待ったなしの現状です。それこそ官民あげての施策が望まれます。お二人の努力と熱意から大いに学びたいものです。

                      ルポ:楢よしき

   ミソハギの花&ヒメヒオウギズイセンの花

地図         

画面クリック:広域MAP
 
 
社是 国産材・自然素材にこだわり、
    「木の温もりのある」温故知新の家づくり。
    OMソーラーのエコ生活を提案
 住所 :東大阪市東石切町5-4-54
 電話 :072-987-2200
 FAX :072-987-2230
 URL :http://www.terukensetsu.jp
 駐車 :可 要連絡


 
 <イベント紹介>
   8月18日((土)草引きとソーメン流し
                 要予約
   8月25日(土)安枝寿子のひとり語り
                と琵琶の会
               「耳なし芳一」他
   
※藤井邸の見学も受け付けています。
   あらかじめご連絡ください。
(上記連絡先)
 

 
 nNPO日本民家再生協会(JMRA)
      http://www.minka.or.jp
     近畿地区運営委員会
      Eメール kinki@minka.jp


<動画> 石切ヴィレッジでのライブ映像
 ご意見・ご感想をお願いします。 一番下をクリック ↓

トップページに戻る




Copyright donatteruno All right reserved.