今どうなってるの?!東大阪
 東大阪市でおきている様々な事柄で、「どうなっているの?!」を独自に取材。
市政情報、地域の情報を皆様に提供している地域密着型情報配信サイトです。
トップページ ホットなニュース 知っ得 市内情報 ふるさと東大阪 鳩まめ瓦版 動画ニュース
元気の素 オススメの店 おしゃべりコーナー 
ふるさと東大阪2014年10月25日掲載




 

 
秋郷祭(しゅうごうさい)といえば枚岡神社の秋祭り。布団太鼓(ふとんだいこ)が23台も担がれる勇壮さで、府下で
も最大級のものです。今年は、台風一過の秋晴れに恵まれました。祭りを見に行か
れた方もたくさんおられるでしょう。
 今回の取材は、枚岡連合青年団の活躍と、地車
(だんじり)。あまり知られていない二
つの話題を取り上げることにしました。


                  
<動画>神輿(みこし)巡行・太鼓台宮入り ←ジャンプ
                     <動画>秋郷祭 宵宮  ←ジャンプ
                     <動画>秋郷祭 地車  ←ジャンプ


① 太鼓台運行は青年団が担当


秋郷祭の日の街角
 10月初旬。ここは、枚岡神社鶏鳴殿(けいめいでん)の大広間。100名近くの人が参加して、平成26年度の秋郷祭の打ち合わせがおこなわれています。神社側をはじめ、警察、消防、保健所、近鉄電車からの発言が続きます。枚岡・縄手・縄手北の三つの中学校の校長先生からのお願いもありました。       
枚岡神社鶏鳴殿での会合風景

審議の議長を務める青年
 驚いたことに、そうそうたるメンバーを前に、議事を進めるのは青年です。枚岡地域の連合青年団が、太鼓台などの運行の重責を担っています。大規模な祭りの運行に、青年団がどのように関わっているのでしょう。取材を始めました。

今年の担当は額田(ぬかた)地域



各自がトランシーバーをもって打ち合わせ  枚岡神社境内

犬が近寄ってきて、緊張感の中にもほほえましい光景
 10月5日、青年たちが枚岡神社の境内で意見交換をしています。表情は真剣そのもの。今年の太鼓台の運行を安全で円滑に進めるため、分刻みのリハーサルをくり返しているところです。彼らは、額田地域の青年たちで、平均年齢は30歳を少し超えたところです。

 そのリーダーを務めるお二人に話を聞かせてもらいました。今年の枚岡連合青年団団長の、松下 誠さん(34)と、副団長の西澤 輝(あきら)さん(33)です。この役割は、9地域の青年団が、毎年持ち回りしています。今年は額田青年団の担当です。祭りのスケジュールを詳しく聞くことが出来ました。
 

副団長 西澤 輝さん   団長 松下 誠さん
 出雲井・鳥居、額田、宝箱、豊浦、喜里川、五條、客坊、河内、四條


当日、額田太鼓台小屋へ

 秋郷際は、10月14日と15日におこなわれます。台風の影響が心配されましたが、秋晴れの開催日を迎えました。



  今年の運行に責任をもつメンバー
 その初日の朝、額田青年団が集まる太鼓台小屋に向かいました。小屋とは言えぬ大きな建物にびっくり。今年の運行に責任をもつ10名が集まっていました。
 この仕事は初めての経験ですが、リハーサルを繰り返した上での自信が感じられました。
 

 
 その場におられた額田太鼓台保存会会長の
浅田 勝(まさる)さんに太鼓台の話を伺いました。

 太鼓台は大・中・小の三台。中と小の太鼓台は新調です。小屋には旧の大太鼓台も収納されています。彫り物は枚岡神社の神事に因んだ見事なもの。口ぶりからは、町の誇りを強く感じさせられます。
 青年団の仕事について、「青年がいないと祭りはできない」と、信頼を寄せておられます。

浅田 勝 保存会会長 & 太鼓台小屋

青年団の活躍ぶり



御神幸の行列   &    指示を出す連合青年団団長
                   

                                 <動画>神輿(みこし)巡行・太鼓台宮入り
 いよいよ活躍のときがやってきました。松下団長は、稚児行列に参加する一男二女の父親としての役目を済ませ、御神幸行列(ごしんこうぎょうれつ)の先導役を務めます。要所要所に配置されたメンバーと、トランシーバーで連絡を取り合います。

即座の判断 &  踏み切り
 太鼓台の宮入りでは、さらに気が抜けません。町には23台の太鼓台が動いています。各所からの連絡に刻々と判断を下していきます運行表と照らし合わせながらの作業で、まるで、列車や飛行機の管制官のようです。
 
 各所のメンバーも、進行状況をチェックしながら、防犯委員などと協力して交通整理も行います。枚岡神社の太鼓台の運行では、特別に神経を使う仕事があります。それは、踏み切りを渡るときの安全管理です。近鉄の職員さんと協力して指示を出します。
要所要所での仕事

枚岡神社の広庭   右端が指揮の櫓

指揮塔から太鼓台へ指示
 太鼓台が境内にさしかかるころ、松下団長は、指揮する櫓(やぐら)に陣取ります。ここからは、境内の参道や広庭が一望に出来ます。
 今まではうかつにも、布団太鼓に目を奪われ、その存在にすら気がつきませんでした。ここから太鼓台の運行の指揮をとっていたのです。各所のメンバーから情報が集まり、各太鼓台に指令を出します。
 安全に、しかも、時刻を守るという大仕事を、青年たちが担っていたのです。
 



クライマックスの中担(なかがき)


中担の指揮に向かいます
 15日の夜7時。最後の指揮のため櫓(やぐら)に登る二人に、「がんばってください」の声をかけました。祭りの興奮のるつぼの中、運行責任の青年たちは、酒も飲まず、終始冷静に仕事を続けます。
「がんばってください!」


     <動画>   秋郷祭 宵宮(よいみや)
 今年も大禍なく秋郷祭を終えました。額田の青年団のみなさん、お疲れさまでした。来年は宝箱(ほうそう)青年団担当です。
 今回の取材で、枚岡連合青年団が大きな力を発揮していることがわかりました。
 読者のみなさん!来年からは、櫓や青年の動きにもぜひご注目を!


 秋郷祭の地車は三台

  もう一つの話題は、地車(だんじり)です。秋郷祭といえば布団太鼓が有名です。しかし、昭和の初期までは地車が主役でした。坂が急な土地柄から、布団太鼓に切り替わりました。ところが、今も、三台の地車が健在です。
 これは松原(まつばら)の地車です。松原は、枚岡神社の氏子地域の中では遠方です。そのため、独自に秋郷祭を行います。神社から神職が出かけてゆき、神事が執り行なわれます。
松原での神事 & 松原の地車

松原自治会会長 菱田照雄さん
 松原自治会会長の菱田照雄さんにお話を伺いました。昔は、神社まで曳いていったようです。今は、道路事情等で、町周辺を曳行しています。曳き手の確保のため、秋郷祭の目前の土日におこなっています。

  昔の地車の記念写真←クリック
       
菊地靖治さん提供
    
 町角は、だんじり囃子(ばやし)でにぎやかです。若中会(わかなかかい)会長の土井昭人さんにたずねると、松龍会(しょうりゅうかい)のメンバーが、龍踊りを披露しているとのことでした。先日、枚岡神社での奉納もおこなっているとか。軽快な身のこなしが心を浮き浮きとさせてくれます。
松龍会による 龍踊り


   <動画>  秋郷祭 地車

豊浦・松原・四條の地車
 この松原のほか、豊浦と四條にも地車があります。祭りの日に、鳥居の前に据えられているのが豊浦の地車。四條の地車は、御神幸に続く太鼓台に交じって、参道を曳行されます。
 来年は、伝統を守るこれら三台の地車にも、ぜひ注目してください。



ルポ:F・村上、K・東野、楢よしき
校正:
駒たん
                

                                               ↑上に戻る
 ご意見・ご感想をお願いします。 一番下をクリック ↓

トップページに戻る



Copyright donatteruno All right reserved.