今どうなってるの?!東大阪
 東大阪市でおきている様々な事柄で、「どうなっているの?!」を独自に取材。
市政情報、地域の情報を皆様に提供している地域密着型情報配信サイトです。
トップページ ホットなニュース 知っ得 市内情報 わがまち東大阪 鳩まめ瓦版 動画ニュース
 動物 ペット 鳩まめ川柳 東大阪・こども 元気の素 オススメの店 薬膳四方山
鳩まめ自己紹介 生駒山麓風物誌 屋敷林だより イベント情報 東大阪伝統料理 おしゃべりコーナー

鳩まめ柳壇     
第23回 鳩まめ川柳入賞作品発表 415日付
     
      以下、第23回の選考結果です。選者の竹村穏夫先生に厚くお礼申し上げます。
    
第24回のお題は「ドラマ」。締め切りは6月末日です。投句欄は、最下段に!

    
   今回当選された方々には、記念品を用意しております。 
      メールまたはハガキにて氏名・住所をお知らせください。
       連絡のない場合は失効いたします。
      
今までに当選された方も改めてご連絡をお願いします。
          
          
メール comi-com@lake.ocn.ne.jp
          葉書 〒579−8052 東大阪市上四条町6−17  東野方

                                     
鳩まめ倶楽部 宛て

                                                        
         入選おめでとうございます!     
                                             
第二十三回 鳩まめ川柳 お題「続く」 選考結果
 人手不足に泣き、後継者難に悩み、工賃の引き下げに戦々恐々とする中小企業。しかし、志高く独自の技術開発でナンバーワン、オンリーワンを目指す企業も多いのが東大阪。そんな東大阪の中小企業を励ますように思える一句です。 50年続けば会社大成功 鳩まめ賞 東芝の一件を知るにつけ、原発推進のリスクの大きさに驚愕。核兵器撤廃と共に地球上から永久に葬り去る日が一日も早い事を祈るばかりである。 ここに至りまだ原発を続ける愚  読書好きが膝を打って頷かれる句を頂いた。選者も中国の春秋ものを読み返しているのだが、つい時間を忘れ3時・4時まで読み耽って、翌日に影響が及ぶ事になってしまうも度々である。 上巻を読んで下巻を待ち望む  とてつもない程のお土産持参の上、ご機嫌取りの27ホール、従容とお供をしたとの想像に難くないであったろうと思う『初顔合わせ』、本国での強気はどこへやらの感が強かったように思った方々が私の周りには多かった。ポチよしっかり。 引き続きポチでいますと土産提げ 佳句 秀逸!心の中の動揺は隠すべくもなく、ピアスの揺れと連動してしまうのは、人間として真っ正直であるとの証拠でもあるのだ。うまく詠まれた、感服。 躊躇いは続くピアスが揺れている 優秀句 選者 竹村穏夫先生
枚方市 横枕 静岡県 新庄 神奈川県
ペースかめ ふくちゃん 颯来 生駒響 橙葉


第二十二回 鳩まめ川柳 お題「手紙」 選考結果
人知れず砂に書いた愛しい人の名。書いては見たが誰かに見つからぬかとすぐ消してしまう臆病な青春時代の恋。魂の奥底に宿る人恋うる心は、臆病で傷つきやすくもあるようです。昔の初々しい心がほろ苦さとともに甦ります。 愛してる砂なら書けるラブレター 鳩まめ賞 昔の日記にラブレターの下書きを見つけ、「ああでもない」「こうでもない」と回りくどい書き方で、ラブレターの体を成していない事に笑ってしまった事を思い出した。下五「もどかしさ」が効いている。 手紙でも好きと書けないもどかしさ 一転して楽しい「ユーモア」句を見つけた。本当にこんなことがあったなら愉快であろうが、最近の漢字離れが更に進めばと考えれば、あながち無い話でもないだろうと思わせるところがまた、楽しいのである。「変しい変しい・・・」も昔から言われるパターンでもある。 添削をされて戻ったラブレター 沢山の「絵手紙」の句の代表としてこの句を頂いた。はがきからはみ出して弾けるように元気いっぱいの便りを頂けば、作者の優しさが偲ばれ、ついうれしくなってくるものだ。やさしい表現ながら強く訴えるものがある句だ。 絵手紙ではじける旬をありがとう 佳句 随分手馴れておられるようだ。「ホッ」が良いのに「言って」消えるとの下五が何とも素晴らしい。小生も大手術の前に日記・写真・手紙をすべて焼いたが、仰る通り「ホッ」と音がするように燃え尽きるのを見詰めていたものだ。 手紙燃す最後にホッと言って消え 優秀句 選者 竹村穏夫先生
日立市 鴻池 東京都 宇陀市 神奈川県
てぬき親父 下田 桜子 よもやま話 喜屋武白雨





 
投句欄へ←クリック   虫くい川柳へ←クリック




選者紹介

片岡湖風氏

昭和十年六月十五日生まれ。
二十二歳で川柳を始め岸本水府氏に師事。
番傘本社同人歴五十四年。相談役。
川柳東大阪・番傘わかくさ川柳会相談役。
著書:「ともしび」


竹村穏夫氏

昭和十六年十月二十四日生まれ。
柳歴十六年 番傘川柳本社常任幹事。
番傘わかくさ川柳会副会長。
川柳東大阪相談役。
著書:「三人抄」

 第24回鳩まめ柳壇の お題は「ドラマ」。 〆切りは6月末日です。
ふるってご応募ください。選考の上、入選者には記念品を贈呈いたします。



町名
職業
年齢
性別
氏名(匿名可)

あなたのオリジナルを投句してください。お題は「続く」投句〆切りました。


トップページに戻る

ご意見・ご感想はふれあい掲示板まで

Copyright donatteruno All right reserved.