今どうなってるの?!東大阪
 東大阪市でおきている様々な事柄で、「どうなっているの?!」を独自に取材。
市政情報、地域の情報を皆様に提供している地域密着型情報配信サイトです。
トップページ ホットなニュース 知っ得 市内情報 わがまち東大阪 生駒山麓風物誌 動画ニュース
 動物 ペット 鳩まめ川柳 東大阪・こども 元気の素 オススメの店 薬膳四方山
鳩まめ自己紹介 屋敷林だより イベント情報 東大阪伝承料理 おしゃべりコーナー
20118年5月15日掲載






写真:芳原和夫
  頻繁に奈良の山奥へ行く人があるとききました。それも20年近くにわたって。
直線距離でも30キロメートルはあるところを週2回以上。車を使うからといえ、
尋常ではありません。今年で73歳のその方は、かくしゃくとして、また嬉々とし
て通われています。いったいどこへ何をしにいかれるのか?詳しい話を聞かせ
てもらうことにしました。

                                              
index
@東大阪から里山へ通い続けて20年近く←クリック
ANPO法人山野草の里づくりの会←クリック
B守られる豊かな自然環境←クリック
C夫唱婦随が鍵!?←クリック
   ユーチューブで見る 三谷 山野草の里←クリック



東大阪から里山へ通い続けて20年近く



三谷集落 写真:日々彩々U emirin さんブログよ←クリック


 写真は、奈良県
桜井市の
三谷地
。十数戸の山村
です。標高は500
メートルですから、
生駒山の府民の
森の高さにありま
す。ここに18年間、
毎週2回以上通っ
ているのが今回登
場ねがう人物です。 

奈良県桜井市三谷地区に通う芳原和夫さん
 その方は、瓢箪山駅近くの本
町に在住の
芳原和夫さん(73歳)
 地元縄手小・縄手北小・縄手中
学校から高津高校へ。大学は大
阪工業大学電気工学科に進学。
 就職はオンキョー株式会社。定
年まで勤め上げました。テレビや
オーディオ機器の品質管理が主
な仕事でした。

三谷の里山  写真:芳原和夫

 そんな芳原さんが三谷という
山村へ頻繁に通われるきっか
けは何だったのでしょう。
 今から19年前、芳原さんが
55歳のころにさかのぼります。
当時、趣味でそば打ちを始めた
芳原さん。一家で桜井市の笠山
荒神のそば処に出かけます。
道に迷い、助けを求めたのが大
学の友人の
福岡定晃さん。三谷
の地主さんです。
 このときの福岡さんの村おこし
の話に意気投合。奥さんをはじ
め、瓢箪山の友人と三谷へ通い
始めました。これが
山野草の里
づくりの会
発足(2001年・平成12年)
のきっかけとなりました。

 
 仕事の関係から、芳原さんを理科系とばかり思っていましたが、
オンキョーの職場で山岳部の部長として同好会を率いたこともあ
るアウトドア派でした。福岡さんらと立ち上げた会が、その後、同
志を得ながら大きく発展することになります。



NPO法人山野草の里づくりの会
 


三谷の里山 田と畑の作業  写真:芳原和夫


写真:芳原和夫
 結成2年目の2003年(平成
15年)
にはNPO法人化。
 その後、大阪市にある
シニ
ア自然大学
との連携と、国・県
・市の行政援助に加え、奈良
NPOセンターや多くの会社な
ど一般からの支援により事業
が大きく進展。里山体験教室、
ホタル鑑賞会、ビオトープ見学
会などを旺盛に開催
。今では
環境省が認める有名な里山
なっています。

“山野草の里づくりの会”の活動  写真:山野草の里づくりの会
 芳原さんは、会の副理事長と
して、記録誌や広報紙の編集
にも力を発揮されています。こ
うして現在も、東大阪から奈良
県桜井市の三谷へと通い続け
る生活が続きます。

 
最新のビオトープ通信←クリック


守られる豊かな自然環境



フキ(フキノトウ)

キランソウ

ヤマザクラ

ササユリ

リンドウ

ミズオオバコ

ウツボグサ

サワヒヨドリ

ヤブカンゾウとユウスゲ

ヤマユリ
植物写真:芳原和夫

里山に生きる昆虫や小動物たち


パンフレット写真:芳原和夫



田畑で自然農



三谷のソバ畑  写真:山野草の里づくりの会日々彩々U emirin さん

高嶺ルビー  写真:芳原和夫
 三谷では赤いソバの花(高
嶺ルビー)
が見られます。
 ヒマラヤ原産で、信州大名
誉教授のそば博士といわれ
故氏原暉男さんが品種固
定されたものです。花は、9月
末から10月半ばごろまで、そ
の美しい姿を見せてくれます。

2018年5月の田植え風景 写真:芳原和夫

自然農法で育てた黒米(もち)
 10月半ばには、古代米
の収穫時期を迎えます。黒
いのを
黒米(もち)、赤いのを
赤米(もち)と呼びます。
 自然農法で有名な地元
川口由一さんから農法と
ともにさずかったもの。白
米に黒もちを少し加えて炊
くと、赤くて綺麗な色にな
るので好評だそうです。 
 四季折々の里山の活動と山野草の魅力が、人々を三谷へひき
付けています。
  

                   NPO山野草の里づくりの会←クリック


uritoboo さんのユーチューブ動画より 三谷 山野草の里

 


夫唱婦随が鍵!?


ご自宅の前で 芳原御夫婦

庭の草木を説明してくださる芳原さん
 夫唱婦随というと、時代がかっ
てしまいますが、お宅に伺って
感じたのはこの言葉。芳原さん
が毎週2回+αの三谷行きが
どうして可能なのかと、素朴な
疑問がありました。 

庭で稔ったビックリグミの実を見せる奥さん
 しかし、奥さんのタツ子さん
にお会いして疑問が氷解。奥
さんも大の自然好きでした。ご
出身は、御田植え祭り
(どろんこ
祭り)
で知られる愛媛県西予
(せいよ)市。自然豊かで、フデリ
ンドウの咲く里だそうです。
 夫の和夫さんとともに、たび
たび三谷に出向いています。

棕櫚の葉のバッタ & 手作り砂糖煮
 
 取材中奥さんは、棕櫚(しゅろ)
の葉で、瞬く間にバッタをつくっ
てくださいました。また、三種の
柑橘類の砂糖煮をふるまってく
ださいました。奥さんご自身が
自然を生活の中に取り入れ楽
しまれていることがわかります。 夫の和夫さんの旺盛な活動
の陰には、奥さんタツ子さんの
存在があるとわかりました。
 ご夫婦の元気の素は、自然を愛する心でしょう。山野草が元気
に育ち、活気ある里山づくりを目指されるお二人。そのご奮闘を
祈りつつ、お宅をあとにしました。
                   ルポ:F・村上 楢よしき   校正:駒

※本記事中の画像の無断転載、二次使用はご遠慮ください。
トップページに戻る


ご意見・ご感想はふれあい掲示板まで


Copyright donatteruno All right reserved.