今どうなってるの?!東大阪
 東大阪市でおきている様々な事柄で、「どうなっているの?!」を独自に取材。
市政情報、地域の情報を皆様に提供している地域密着型情報配信サイトです。
トップページ ホットなニュース 知っ得 市内情報 わがまち東大阪 生駒山麓風物誌 動画ニュース
 動物 ペット 鳩まめ川柳 東大阪のこども 元気の素 オススメの店 薬膳四方山
鳩まめ自己紹介 鳩まめGallery 屋敷林だより イベント情報 東大阪伝承料理 おしゃべりコーナー

 東大阪で宝物探しをする「どーなってる東大阪」。今回は地元在住の美術家に
ご登場願います。
 東大阪市菱屋西にお住まいの
型絵染作家伊藤千晶さん。日本新工芸家連
盟会員、京都工芸美術作家協会会員で、若いときすでに日展に入選されている
実力派です。2月24日(土)からはじまる日展
(日本美術展覧会)を前にして、取
材に応じていただきました。


        
(大阪市立美術館 2月24日~3月25日)詳細クリック

                          index
              
           ①型絵染作家のアトリエへ ←ジャンプ
              ユーチューブ 作家訪問 ←ジャンプ
            ②若い日の作品と久しぶりの対面 ←ジャンプ
           ③ “あとりえ町屋” を主宰 ←ジャンプ


①型絵染作家アトリエ

 1月下旬、菱屋西にある型絵染
作家・
伊藤千晶さんのアトリエを
訪問しました。アトリエは、町屋風
の門をくぐり、さまざまな植物が植
わった庭の一角にありました。

 ここで、糊置き(板場)の創作の
一端をのぞかせてもらうことに。

創作中の伊藤千晶さん 糊置き(板場)の仕事
 創作中のアトリエの空間には、
凜とした緊張感がただよいます。
糊置きの作業は30分ほど。そ
のあと、伊藤さんの作品を拝見
させてもらうことに。


 伊藤千晶さんプロフィール←クリック

作品:有虞陶唐(ゆうぐとうとう) クリック:拡大

作品:海醎河淡 クリック:拡大

作品:金生麗水(きんはれいすいにしょうず) 
       クリック;拡大
 伊藤さんの作品のうち、屏風仕立てのものを数点見せてもらいました。屏風が開いたとたん、部屋の雰囲気がぱっと変わります。

作品:玉出(山偏に昆)(ぎょくはこんこうにいず) 
     クリック:拡大
 上の、海醎河淡(うみしおかわあわし)の作品は、友人が水の事故で亡くなったことに対し、鎮魂の思いで制作にかかったもの。ところが、制作中に東日本大震災が起きます。

作品:推位譲國(くらいをおしくにをゆずる) 
    クリック:拡大
 津波被害の映像を目(ま)の当たりにして、遭難者への鎮魂の思いが重なりました。それまで赤と考えていた水の色は、紫へと意識が変化したそうです。
鳩まめの記事紹介
 絵具のホルベイン工場
 阪口真智子鬼語る展
文楽人形細工師菱田雅之
 環境陶芸藤原郁三
 油絵に情熱注ぐ
河内100人展八尾・東大阪
 京都町屋通崎睦美
 動物イラスト佐藤邦雄
 河内の原風景写真展 
 濱田庄司と芹沢銈介
2017東大阪秋季公募展
 版画家名嘉ボクネン
 上方舞 吉村ゆきその 
 拓本の世界
ギャラリー紹介書家髙木誠子
 日本画大坂四条派
 若手型絵染め作家
 型絵染作家伊藤千晶
 一番最近の作品は、現在、日展の展覧会に出品中。かわりに、下
のはがきを見せてもらいました。この作品も、伊藤さんにとっては思
いがこもったものです。

垂拱平章(すいきょうへいしょう) クリック:拡大
伊藤さんは平和を願うものと語る
 昨年、出品の用意を始めていた伊
藤さん。ところが、介護しているお母
さんが一時も目が離せない状態に。
 作品を制作する時間と余裕が一切
なくなりました。しかし、看護の甲斐な
くお母さんは亡くなられてしまいます。
 一時、力を落とした伊藤さんでした
が、亡くなった母親が背中を押してく
れている思いが湧いてきました。制
作を再開し、〆切り間際に出来あが
ったのが左の作品です。
 当初の構想では、オリーブの実は
青色でした。でも、お母さんを看
(み)
取ったのち完成した実は、熟したオリ
ーブとなりました。


ユーチューブ  型絵染作家伊藤千晶さんアトリエ訪問



若い日作品久しぶり対面


樟蔭高等学校(樟蔭学園)に寄贈した作品の前で


伊藤千晶さん 母校にて
 小さい頃から絵が好きだった伊藤さん。しかし、描き方の指導がある図工の時間は嫌いだったといいます。自分の表現を大切にしたいという思いはその後も一貫。
 大学は染織の道へ進み、現役で日展に初入選するという快挙を成し遂げます。
若い日の作品2点は、高校の母校・樟蔭学園に寄贈。今回、久しぶりの対面となりました。


「ナーダム・草原の祭」日本新工芸展入選

「蒙古回想Ⅲ」 日展入選

母校を訪れて
  二点はいずれもモンゴルで着想を得た
もの。京田辺市の
「雑創の森学園プレース
クール」
に就職した伊藤さん。子どもたち
100人とモンゴルでゲルに寝泊りの体験。
満天の星が忘れられないと、強烈な印象を
振り返ります。子どもたちと過ごしたこの仕
事を通して、“自分のためにだけ生きるもの
ではない”と体感しました。
 結婚し、家事・育児の主婦の仕事と作家
の両立は難しいもの。しかし、伊藤さんは
作品の数を抑えながらも制作を止めません
でした。


      雑創の森プレースクール←クリック


子どもさんのために作った鯉のぼり
 「これは作品ではないのですが」
と、見せてもらったのが大きな鯉の
ぼり。子育て中にも制作を続けてい
た伊藤さん。そこには作家としての
強い情熱が感じられます。
 今、主婦の仕事をやり遂げた伊藤
さん。これから個展などへの新たな
挑戦が始まります。



“あとりえ町屋” 主宰


    “SAMADHI”の 森 伸代さん ママヨガ教室

あとりえ町屋” の子どものための一室
 伊藤千晶さんには別の顔もあり
ます。高校時代から好きだった絵
本の世界。今では、サークル
「コッ
コ絵本の会」
のお世話役。また、
「東大阪 子どもと本・おはなしネ
ットワーク」
の代表も務めます。
写真:染め色遊び フェースブックより

 さらには、昭和初期に建てら
れた町屋の管理を託されてい
ます。昨年4月から、そこに

“あとりえ町屋”
を開きました。
 自身の
“菱屋西染め色遊び”
の教室のほか、ヨガ教室、着
付け教室や各種イベントが開
催されます。心豊かにそして
楽しく暮らそうとのみなさんへ
の提案です。
 「ちょっとした暮らしの知恵が、若い人に伝わったら」という伊藤千
晶さんの願いです。ここでの人々との出会いが、伊藤さんの創作
活動へのさらなる推進力となりそうです。


                          アトリエ染め色遊びフェースブック ← クリック
紹介者: A・酒野  楢よしき    校正:駒
 ご意見・ご感想をお願いします。 下をクリック ↓

トップページに戻る




Copyright donatteruno All right reserved.